上下左右ばっちり親知らずが生えていました。疲れが溜まると悪さをするので1本ずつ抜いていたのですが、3本目の左下を抜いたときに、当時通っていた歯医者さんの腕が悪かったのかものすごい時間を掛けてものすごい無理矢理抜かれて、3ヶ月くらい左顎が痛かったことがあり、そのせいもあって残った右下を放置していました。5年くらい。

で、まあそろそろ年だし歯の検診にでもと思って歯医者に行ってから5ヶ月ちょっと、毎週歯石の除去と虫歯の治療に通って、最後に親知らずも抜いておきましょうと言うことになって、ついに抜歯。

前回のことがあったのでちょっとドキドキしていたのですけど、

  1. 11時10分:麻酔打つ
  2. 11時15分:麻酔が効いてきたかどうかチェック
  3. 11時16分:女医さん「少し力入れていきますねー」
  4. 11時17分:女医「どうでしたかー」僕「えっ、もう抜けたんですか」女医「はい、抜けましたー」

実質2分で終了。えっ、待って。前の歯医者はアレどういうことだったん。この5年で技術が大幅に進歩してるってことなの?単純に腕なの。機械なの。どういうことなの。

よく解らないけど、最近の歯医者ってすげーと思いました。きっちり麻酔使ってくれるから痛くないしね。手術から1週間経ちましたが多少違和感残る以外は特に問題は無いですし。痛くて悲鳴を上げていた時代はもう過去のもののようです。すげーな。

おまけ

最後の親知らず抜いた。麻酔打って7分後には抜けてた。痛み全くなし。すげえな

抜歯した歯。何かに使えるという話を聞いたような気がしたので一応もらってきた。案の定、汚い。