難儀なもんだなあと思います。

まあ、すげえ他人事なんですけども。

なにがっていうと、アレです、「綺麗に見せようと化粧をすればするほど肌が傷んで、肌を綺麗に保とうとすればするほど化粧気がなくなる」という「現象」についてです。何を「綺麗」とするかは人に依るだろうとは思いますが、個人的な基準では一通り化粧をしている状態を「綺麗」だと思っています。デパートの化粧品売り場の女性はちょっと濃すぎかな。実際には標準的な男性と同様に「化粧のなんたるか」をよく知らないまま書いてるので、見た目の印象でしかありませんが。


一般的な女性の通る道としては、

  • 自分を綺麗に見せるためにとにかくなんでも一通り乗っけてみる10代、20代前半
  • お肌の老化に気付き始める20代後半
  • 対策をしながら露出を減らしていく30代
  • 化粧そのものを減らしていく40代
  • 自然体になる50代以降

……みたいな感じでしょうか。もちろん結婚しているか子どもがいるかでも変わりますし、60代でもばっちりメイクという女性もいるので個人差はあるのですけど、OL、ショップ店員、主婦などを様々見た印象からするとこんな感じかなあと。

んで、それぞれの年代向けにバランスを取った化粧品なり関連商品なり健康食品なりがあります。例えば「肌にはきついけど見た目の派手さを保つ化粧品」だったり、「見た目の派手さは少なくなるけど肌をいたわるような化粧品」だったり、「蓄積されたダメージを癒やすとうたう商品」だったり。趣味嗜好の変遷に合わせて、同じ手で違う性質のものを売り続けていく。ぶっちゃけマッチポンプじゃねーかとも思うのですけど、まあでも変遷を考えると女性がそうなっていくのは自然な流れですし、これぞ「ザ・レディスビジネス」と言った感じです。外に興味を持った瞬間から女性が一生触れ続ける連鎖です。



ああ、それで何が言いたいかというと、その「ザ・レディスビジネス」を糾弾したいわけじゃなくてね、肌をいたわる女性の持つジレンマというかそういうなのについて、「難儀やなあ」と思うってことです。つまりですね、

  • 日焼けから守るために夏でも長袖着用、日焼け止め必須。
  • 外出時には帽子、サンバイザー、サングラス着用。
  • 基本ノーメイクで化粧水のみ。

と言ったような対策をすればするほど、その綺麗になった肌を見せる機会は失われていくと言うことなんですよね。化粧もスキンケアも、結局は他の誰かに綺麗に見せるためにすることなんじゃないのかなと思うわけですが、結果的に行われることはその逆で、綺麗になった肌を見るのは自分だけ。自分だけが見るんだったらケアなんかしなくても良いんじゃないの、と思うんですけどそういうわけでもない。本能みたいなもんなんでしょうか。

鏡を見て気になるという心境は理解出来ますけどね。自分の顔を一番間近で見るのは自分だと思いますしね。ただ30代半ばの男性から見ると、なんかこう「綺麗に見せたい」という欲求が、こんがらがってるような印象も受けるんですよね。男性にありがちな「小麦色の肌は健康的で素敵」みたいな「幻想」の延長線上にある印象なんですけど、見せたいのか見せたくないのかどっちなの?的な。



見せれば見せるほど摩耗していくという意味で言うと、お寺の「秘仏」みたいなもんなのかもなあとぼんやり納得してはいます。何年かに一回特別公開されて、余計に参拝料取られたりするんでしょうか。んーまあ、そうかも知れません。クリスマスとか誕生日とかって、もしかしてそういう日だったりするのかしらん。