京都市市街地に住んでもう10年くらいになりますが、その10年の間にいろいろと動きがありましてね……食品を買うのもいろいろ変わってきていますので、個人的なランキングをざっくり作ってみいと思います。まあ読者の99%にとってはどうでも良い話題だとは思いますけれども、ごくわずかな中京区民の皆さまのために。


ノミネート店舗

ノミネートしているのは以下の店舗です。

  • タベルト(藤井大丸地下1階)
  • 高島屋京都店地下食品売り場
  • 八百一本館
  • フレスコ
  • MISUGIYA(ZEST御池)
  • グルメシティ京極店

これら以外にもこだわりの八百屋、魚屋、肉屋などたくさんありまして、特に野菜はそういう店舗で買うことも多いのですが、まあとりあえずは汎用性が高く季節を問わず安定してものが買える店舗(つまりスーパー)を選んでいます。

では行ってみましょー


野菜部門

野菜を買うならここ!

  1. 八百一本館
  2. 高島屋京都店地下食品売り場
  3. フレスコ
  4. タベルト(藤井大丸地下1階)
  5. MISUGIYA(ZEST御池)
  6. グルメシティ京極

八百一本館>高島屋>タベルト>フレスコ>MISUGIYA=グルメシティ京極

売られている食品の種類、質、価格を考慮すると八百一本館がベスト。それは間違いありません。八百一は高島屋(及び京都駅伊勢丹)にも出店していますが、高島屋の八百一よりも八百一本館の方が安い資質が良い。タベルトは質は良いけれど全般的に価格が高いんですよね。八百一本館で98円のしめじがタベルトでは138円といった感じ。わずかな違いでも最終的には大きな違いになります。

フレスコについては、ものを選べば十分に使える、庶民のためのスーパーと言った感じ。ただし、きちんとした野菜と比較すると、安いものは安いなりの出来でしか無いし、広告と現場とで産地や質が異なることも多いし、手放しで信用出来るようなレベルにはありません。24時間で便利というのはありますけどね。

MISUGIYAとグルメシティは、食べられれば良いというレベル。時間的、もしくは地理的にそこしか選べないのであれば仕方ありませんが、基本的にはオススメ出来ません。



肉魚部門

肉・魚を買うならここ!

  1. タベルト(藤井大丸地下1階)
  2. 八百一本館
  3. 高島屋京都店地下食品売り場
  4. フレスコ
  5. MISUGIYA(ZEST御池)
  6. グルメシティ京極

タベルト>八百一本館=高島屋>フレスコ>MISUGIYA=グルメシティ京極

肉・魚、特に魚を買うのであれば、うん、タベルト一択でしょう。魚の種類の多さ、新鮮度合い、価格を考えたとき、タベルト以外の選択肢はあり得ませんね。もちろん曜日や時期によって割高なときもありますが、良いと思います。ソーキ用の豚軟骨があるのもプラスです。

次点は、八百一本館と高島屋。どちらも共通した特徴があり、「ものは良いけど値段は超高い」。煮付け一切れ分が300円のブリとか誰が買えるんだよというレベルの話。ものは良いんですけどねえ……すみません、庶民の僕らには無関係な売り場です。

MISUGIYA、グルメシティは、チャレンジャーのみ行ってください。特に魚売り場は、そこまで萎びてても言い切りさえすれば売りもんだよねという感じ。安全性はともかくとして、美味しいもんではないと思いますよ。



その他食品部門

生鮮以外の食品ならここ。

  1. グルメシティ京極
  2. フレスコ
  3. MISUGIYA(ZEST御池)
  4. タベルト(藤井大丸地下1階)
  5. 八百一本館
  6. 高島屋京都店地下食品売り場

グルメシティ京極>フレスコ>MISUGIYA>タベルト=八百一本館=高島屋

グルメシティは「ものを良く選ぶ」という条件はあるものの、既存のメーカー品なら割安。フレスコは店舗によって違うけどまあ割安。MISUGIYAも同じ感じ。

タベルト、八百一本館、高島屋は質は良いんだけど高いんだよね。それがマイナス。良いものを探したいなら絶好なんだけどね。。



その他主婦の味方となりそうなお店

こんな感じかな!



とりあえず今時点ではそんな感じ。