業務中の電話って普通の会社だとどういう感じで受けてるんでしょうかね?
特に、個人の携帯電話に掛かってきた仕事の電話。

僕は「普通の会社」で働いた経験があんまり無いの見聞きした範囲内での話になりますけど、営業の部署とか電話を良く受ける仕事の人は席で受けるけれど、少し込み入った話だったりオフィスが電話を受けるような雰囲気では無かったりしたときには、事務所を出て電話を受けたりするという感じ?

今自分がいるビルには手練れのサラリーマン先輩が入居してくることも良くあります。事務所設立であったり起業であったり機能縮小であったり理由は様々でしょうけれど、割と社会人として経験積まれた方が多いような気がします。学生上がりとかまず見ない。部屋が狭いせいもあるのか、そういう方達は電話を受けると慌てて部屋を飛び出して話しているのですけど、残念なことにSOHOオフィスの場合、ドアの壁も基本的に簡素なので話がだだ漏れです。他のとこ見てもだいたい似たような環境っぽいので、おんなじだと思うんですけど、よく声が響く廊下で入居している企業全部に聞こえるような声で取引の先行きの確認などしてもらってもなあ……というね。本人気がついていないんでしょうけれど。ここでは事務所を飛び出した先もまだ外ではない、ということに。なんか寮みたいな感じだもん。食堂はないけど。

まあつまりなにが書きたかったかというと、廊下の電話が煩いと言うことと、SOHOオフィスって言ってもベンチャーとかばかりでもないと言うことと、タイピングが煩いからと言う理由で貸してもらって使うことになった英語キーボードに全然慣れて無くて書きづらいということです。キー配置の変化はすぐ慣れるだろうけど、機能ごとキーがないのがきついなあ。特に「文頭」「文末」「Delete」。Macならまだ解決方法もあるんだろうけどなあ。Windowsではどうしたらいいのかしら。