26_usdjpy_10d.png


何か知らんけどすごいグラフになってました。

まとめると、

  • 先週末まで94円くらいでうろちょろしてた
  • 今週に入ってもそれくらいだった
  • 夜は墓場で運動会(94円台→90円85銭)
  • 再び円安にふれて92円台 ← イマココ

怖いわー何このグラフ。人死に出たんじゃないかって言うレベルだ。
皆さんおかわりありませんか。


なんでこんなんなったんだろう

どうやらこの辺が理由みたいです。

〔外為マーケットアイ〕ドル92円前半、約1カ月ぶり安値90.85円から反発 | 外国為替 | Reuters

ドル/円は92.42円付近。ニューヨーク終盤(東京時間午前5時33分と5時53分)にドルは90.85円まで急落し、約1カ月ぶりの安値を付けた。イタリアの総選挙をめぐる懸念が背景。その後ドルはじわじわと買い戻されているが、きょうこれからはじまるアジア株の動向や欧州勢の反応によっては、クロス円に先導される形で再び下押しするリスクがあるとみられている。

 「ドル/円については、今回の下げが欧州要因であることや、下がったら買いたいという人がいるので、大崩れはないとみている」とバークレイズ銀行ニューヨーク支店のFXストラテジスト、逆井雄紀氏は話している。

 ただ、今週中は円高リスクがくすぶると同氏は予想する。「金曜日に(米国で)発動予定の強制歳出削減について議会が合意に達しないと、成長率見通しが下方修正され、米長期金利が低下し、ドル/円に下方圧力がかかる余地がある」という。



えー、イタリアの選挙で円高?と思いましたが、


イタリアの総選挙結果次第では「スペインなど緊縮財政で苦しんでいる他の国にも反緊縮ムードが拡大し、負の連鎖が起こりうるのではないか」(外為アナリスト)との意見も出ており、欧州不安の再燃を懸念する声も上がっている。

  株式投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)は34%超急上昇し、1日の上昇率としては2011年8月18日以来の大きさを記録した。 

 イタリアの中道左派連合は25日声明を発表し、総選挙で、下院で勝利したことを明らかにした。一方、上院ではベルルスコーニ前首相の中道右派連合がリードしているとされる。



ってことで、欧州不安に直撃しそうだということみたいです。
円高って言うかユーロの全面安ということなのか……?

ユーロさんも当然こんな感じ。


26_eurjpy_10d.png


現在、120円96銭。

90円台からすぐに92円台に戻していることを考えると全体の流れは余り変わってないのかなあと思うのですが、しかしなんというか、外国為替取引は怖いなあと改めて思いました。なんていうか、スナイパーがスコープ覗いてたら後ろから棍棒で殴られました、みたいな感じないですか。本気でやってる人はイタリアの選挙があるくらいきちんと把握しているのであろうとは思いますけど、もし自分が参加していったらカモ認定→開始5秒で身ぐるみ剥がされるくらいの自信があるなあと。怖すぎ。