先日とあるコミケレポ動画を見ていて、「あれ、コミケ内は撮影って禁止なんじゃないの」「ブースの撮影ってして良いんだっけ」と心配になったので調べてみたらば、写真の撮影やビデオの録画は個人による非営利なものに限っては特に禁止されてないんですね。「ブース撮影をするときはスタッフさんに許可をもらって立ち会ってもらう」とかなんとか言うのをその昔読んだことがあるような気がしていたので意外でした。そうだったのか。


ソースはオフィシャルのガイドライン(2010年11月改定)。

個人による非営利の撮影・録画について

冒頭に以下のような記述があります。

個人が非営利(趣味や学術等)の目的で、コミックマーケットで撮影・録画(以下、総称して撮影とします)や、 取材をしたい方には、取材者登録は必ずしも必要ありません。 しかしながら、ストリーム系の撮影を中心に、無断撮影・無断公開などのトラブルの報告も増えてきています。 撮影したものを被写体の許可をとらないでネットやメディアで公開した場合、トラブルになることもあります。 コミックマーケットをみんなでより楽しむためにも、以下の事項を守って下さい。

「以下の事項」というのは次のようなこと。丸ごと転載します。

  • コミックマーケットカタログに記載の注意事項を守ってください。
  • 被写体となる個人が識別できる撮影の場合やインタビューを行う際は、事前に被写体に対し、氏名・連絡先を伝え (名刺など連絡が可能となるものを配布するとスムーズです)、目的及び利用又は発表する媒体等について充分な説明を行い、 了解をとってください。
  • 被写体となる個人の許可なき撮影や、周囲の方々に撮影をしていることがわからない形での撮影、盗撮はこれを禁止します。
  • コミックマーケット準備会では事故防止を最優先に考えています。 カメラ・ビデオ機材の運搬、運用には以下の事項及び準備会スタッフ、ガードマンの指示に従ってください。
    1. 会場内の取材、撮影は混雑していない場所で行なうようお願いします。ただし安全と思える場所においても、 準備会スタッフ・警備員の判断で撮影を中断をお願いする場合があります。
    2. 会場内には、時間帯・状況によって撮影ができない・あるいは制約がある場所が存在します。 会場外においても準備会スタッフ・警備員が巡回している場所は同様です。
    3. 机等備品の移動や使用はできません。
    4. 非常口、防火関係物等の周囲に機材等を置くことはできません。
    5. 脚立、三脚、一脚、レフ板等は使用できません。
    6. 撮影に際しては、安全を確認の上、行ってください。強いライトをあてるような事故を招くおそれのある行為は禁止とします。
    7. コスプレ撮影については、更衣室・コスプレ広場で配布している撮影者向け小冊子「さいと」の内容も遵守ください。


簡単にまとめると、

  • プライバシーに配慮してね
  • 盗撮ダメ!絶対!
  • 混雑している場所では遠慮してください
  • その他、スタッフ判断で禁止になる場合もあります
  • コスプレ撮影は別ですよ

という感じでしょうかね。コミケの運営に支障を来さず、プライバシーを侵さない範囲であれば、個人・非営利の場合に限り撮影・録画OKと。先の動画に関して言えば、基本遠景で会場内では足下のみを撮影。ブースでの撮影も、自出展ブース内の撮影のみで通路側からの撮影は無し、コスプレ広場での撮影は無しということで問題は無さそうに見えます。安心しました。


こういうルールは機材の変遷やマナーの変化、トラブルの解決などを経て練られたもので、これからも状況に合わせて変わっていくタイプのルールなんだと思いますが、コミックマーケット準備会のそうした柔軟かつ堅実な活動はホントにすごいなあと思います。これだけ大規模になってもそういうのを失わないのは大事よね。もう38年目になるんだもんねえ…

コミックマーケット年表