秋晴れ #sky

友人T君の身の上話を予備校みたいなところで聞く夢。覚えているこの場面の前にも前振りがあった気がするのだけど思い出せない。予備校は小中高全部見てるようなでかい予備校らしく、廊下で騒ぎまくっている小学生を叱り飛ばす場面も。もしかすると小学校の教室で話をしていたのかも知れない。身の上話は要するに恋愛相談で、その恋愛の前に結婚もしていて子どももいるのだけどちょうど2人目が出来たころに離婚が成立したみたいな話を車の中でされて「ああそうなんだ」といいながら話を聞く感じ。

リアルのT君も結婚していて子どもが2人いたような気がするけど、リアルの方は離婚することもなく、資格を取って会社から独立して頑張ってるところなのでなんでそんな話の展開になったのか意味が分かんない。似たような相談を他の誰かから受けたと言うこともないしなあ。夢を見ている脳ってのはホントに勝手なシチュエーションを作るもんだ。

実際に相談受けたわけではないんだから別にどうでも良い夢なんだけども、というか夢って基本的にどれもどうでも良いんだけども、なんか朝から疲労感を漢字で目を覚ましたのでした。おはようございます。