29_01.jpg


我が家は賃貸マンションでゴミは毎日収集業者が収集に来てくれます(日曜を除く)。資源ごみは京都市が収集しているので京都市指定のゴミ袋を使用しますが、燃やすゴミのゴミ袋は透明であれば京都市指定のゴミ袋でなくてもOKです。

民間業者がごみを収集するマンションとは/京都市 環境政策局 事業系廃棄物対策室

幸い毎日買い出しに出掛けて溜まるスーパーのレジ袋(透明もしくは半透明)があるのでそれをゴミ袋に利用しているのですが、旅行に出掛けるなどの理由で買い出しする機会が減ったり、買い物が少なくて小さなサイズの袋ばかり貰ったりすると、ゴミ袋用の袋が心許なくなってきます。そういう場合にはゴミを出す機会を減らして対処するのですが、どうしても足りない場合には業務用の文房具屋で買い置きした「透明レジ袋」を使用してごみを出しています。毎日の買い出しの中でレジ袋をもらい、溜めていくのは重要な作業の一つです。

…ただねー。

僕としてはこう考えることもあります。「レジ袋を貰わなければ」とか「使えるゴミ袋があるだろうか」とか心配する負担は、「透明レジ袋」をまとめ買いしておくことでなくすことが出来るんじゃないのか…と。


「透明レジ袋」って自分で買うとめっちゃ安いんですよ。1,000枚で1,000~2,000円くらい。

【ASKUL】伊藤忠リーテイルリンク レジ袋半透明 20号 100枚入 VCR-20HT 1箱(1000枚:100枚入×10袋): 包装資材 - オフィス用品から現場用品まで 通販 アスクル(法人向け)

1枚当たり1.5円ですね。京都市指定のゴミ袋が20~45円するのに比べると小銭も良いとこです。

家庭ごみ有料指定袋制について/京都市 環境政策局 循環型社会推進部

1日1枚だとして1年で550円程度の出費なんですから、そんなの僕個人のお財布から家計に寄付しても良いくらいですけど…「タダで貰えるものを使う方がお得」という意識はなかなか変えられません。例えそれが小銭であってもタダで貰えるものを金出して買うのは…という。本当は、ゴミ袋用にこれを買っておいて順次使用し、スーパーや商店へはマイバッグを持って行ってレジ袋は極力断る…というのが自分の活動をハンドリングできるという意味でもとても合理的だと思うんですが…なかなか。


京都市に限らず自治体指定のゴミ袋は高くて嫌になるというか、お前どっかで余計な経費乗せてんじゃねーのかと思うわけですけど、上みたいな事を考えるとき、ゴミ袋を指定して有料にすることは一定以上効果があるなあとも思ってしまうのですよね。「ごみを減らす効果がある」という報告をどこかで読んだことがあるような気もしますし。ちょっと複雑な気分です。ごみ処理場の確保はどこ自治体にとっても頭の痛い問題で、広大なごみ処理場を確保し最新式の焼却炉を導入している自治体なんてそんなにないわけなので仕方ないんですけどね。



ちなみに

草津市みたいに町内会を経由してゴミ袋引換券を配布し、それと引き換えたゴミ袋しか使用しないとかになると、ちょっと神経質ないしは共産主義的だなあと思ったりもします。

ごみ袋の配布方法が変わりました|草津市

単に非合理的なだけで意識が高いとは感じません。苦しいのは解りますが何もそこまでやらんでも。


というか、そんなの都会じゃ出来ないですねえ…。
町内会なんか機能してないところも多いですしね。