一昨日の深夜1時、近所の24時間営業のスーパーにて。

店先で怒鳴り散らす45歳くらいのおばさん一人。


時間帯的には相当アングラな時間帯だけど、身なり格好から見るにそこそこ裕福なおばさんぽい感じ、その人が深夜1時のスーパーで懸命にヨーグルトの品出しをしているバイトを捕まえてねちっこく文句を言っている。もうその図がカオス。

何で揉めてたかというと、入り口入ってすぐ置いてあった特売品のジャム瓶があって、それについておばさんが何かを質問した。多分値段についてじゃないかな。これ何時まで特価なんですか的な。バイト君返答して曰く「すみませんちょっと解りません」と。重ねて「レジで聞いて下さい」と言ってしまった。いやいやなんでそれを客にやらせるんだよ。お前が調べるんだろう、お前が聞いてこいよ。おばさんの言うことをまとめるとどうやらそういうことらしい。そりゃ怒って良い。バイトの手際が悪すぎるし、自分にとって最優先は品出しではなくて接客であると言うことを忘れてる。24時間「営業中」なんだから。


ただね、深夜1時なんですよ。

基本的に深夜1時のスーパーなんて、言ってみればセルフのガソリンスタンドみたいなもんですよ。配置されている店員は、接客能力や売り場整理能力よりも「そこにいること」を求められて配置されてるわけです。んで深夜に行う業務をこなす。明日のための店舗作りとか。最初からそこに完璧な接客なんか求めたらダメですよ。バイト君の接客は確かに失格でした、でもさ、良いだろ別に。1から10までフル装備で備えて、24時間営業なんか出来るわけねーじゃねーか。そういうのを削って24時間営業を維持してくれてるから、俺らは深夜に買い物が出来て便利なんだよ。何か足りないなら俺ら客が自分で補うよ。そういうもんだろう、深夜営業の売り場って言うのは。アンタみたいな立派なおばさんが完璧な接客を求めてやってくるような場所じゃねーんだよ。


だからね、気持ちはわかるけれども、社会に出たことのある大人なんだったらそこは自分でそれ持ってレジに行って聞きなさいよ。店頭でバイト君を説教してそのうえもう一人バイトを呼びつけてバイト君の悪口を散々怒鳴り散らして、該当の商品を特売コーナーから撤去させて、メモ出してバイト君の名前と店の連絡先をメモる…なんてことを深夜の1時半にやるのはおよしなさい。何も解決していないじゃない。それやって誰が得するの。引っ込み付かなくなったのか知らんけれどもそんなことするくらいなら、今すぐに今そのスーパーで買った冷凍うどんを持って家に帰って、暖めて食べて、歯磨いて寝てしまいなさいよ。それでいいじゃないの。


時給1,000円前後の安い賃金で朝まで働くんだ、あんまり若者や外国人を虐めないでやってくれ。
交代まではまだあと5時間くらいあるんだからさ…