Firefoxと最新版Flash Playerの組み合わせがどうも不安定(動画視聴中に反応が無くなったりクラッシュしたりする)なので調べてみたら、Firefox公式がダウングレードを勧めていたのでそれに従ってFlash Playerを古いバージョンに巻き戻しました。


Flash 11.3 がクラッシュする | トラブルシューティング | Firefox ヘルプ

Adobe は最近、Flash をバージョン 11.3 にアップデートしました。一部のユーザから、このバージョンの Flash が以前のバージョンより頻繁にクラッシュすると報告されています。頻繁にクラッシュに遭遇している場合は、Flash のバージョンを 10.3 または 11.2 にダウングレードしてください。



以下、簡単な手順のまとめです。


巻き戻しの手順

  1. 現在インストールされているFlash Playerをアンインストール
  2. 過去のバージョンをダウンロード
  3. ダウンロードした過去のバージョンをインストール


1. 現在インストールされているFlash Playerをアンインストール

手作業でもアンインストールできますが、アンインストーラ(uninstall_flash_player.exe)を使った方が楽です。アンインストーラをダウンロードしたらFirefoxを終了し、アンインストーラを実行。程なく完了します。


2. 過去のバージョンをダウンロード

Adobe「アーカイブ版 Flash Player の提供について」の「アーカイブバージョン」からダウンロード出来ます。11.2で正常に動作することが確認できましたが、それでも不安定な場合には10.3をダウンロードしてみて下さい。


3. ダウンロードした過去のバージョンをインストール

ダウンロードしたアーカイブ版Flash Playerを解凍します。

16_02_01.jpg

いくつかフォルダが生成されるので、普通のOSの人は「32bit」と書かれたフォルダを、64bitの人は「64bit」と書かれたフォルダを開きます。

16_02_02.jpg

それぞれのOSにあわせてインストーラを選択します。たとえばWindows XP 32bitの場合には「flashplayer11_2r202_233_win_32bit.msi」を使います。インストールが完了すればOKです。



注意すること

  • Flashの設定で自動更新がオンになっていると、最新版に自動的に更新されてしまいます。古いバージョンを使い続けたい場合は自動更新をオフにして下さい。
  • 古いバージョンを使用し続けるとセキュリティリスクとなる場合があります。バージョンアップには敏感になって下さい。問題が解決され次第、最新版に更新することをオススメします。