先日NTT西日本のポイントが失効するというので見てみたらある程度の数溜まっておりました。でも殆ど電話をしない超ライトユーザーなので何か凄いものが貰えるほどは溜まってない。なんでNTT西日本のポイント交換てあんなにしょぼいんだろう。定価換算なのかあまり凄くないものでもポイントがごっそり使われるし。

というわけで散々迷って交換したのがプリンターでした。ちょうど使っていたプリンタが壊れて使えなくなっていたし、無線LANで接続出来るプリンタを使ったことがなかったので興味津々だったし。同じネットワーク機器であるNASは定期的に接続出来なくなるし、どれくらいの信頼度なのかなーと思って。さすがに最高機種にはポイントが足りなかったのだけど、どうせそんなにガンガン使うわけでもないし、エントリーモデルでいいやと言うことで12,000ポイント使ってbrotherの入門機「DCP-J525N」を選択。



結果。

超便利でした。設定はAOSSでボタン一発だし、ソフトウェアとインストールは簡単だし、本当に家の中のどこからでもプリントアウトできる。iPhoneからでも印刷でき、それもプリンタを選択するだけでOK。機械がプラスチック製で少々安っぽかったり、写真印刷の解像度が若干怪しかったりするものの、普通にテキストやWebページを印刷する分には十分すぎますね。

使用しないでいると自分で電源を落とす(液晶を消してスタンバイ状態。無音)けれど、プリントの指示があればすぐに起動するし、インクの固着を防ぐために定期的に起動してメンテナンスも自動で行ってくれる。おまけにスキャン機能も付いていて印刷物のコピーも簡単に行えます。少し小さいけどホントにコピー機って感じ。なんという至れり尽くせり。ちょうど僕のような、毎日使い倒しているわけじゃないけれど、ふとしたときにスムースに印刷できないと困るみたいな感じのユーザー向け。

あー。

brotherちょっと舐めてました。「ミシンの会社でしょ?」とか思っててごめんなさい。その経験を活かして十分に練られた製品をリリースしている事がよく分かりました。GJ。



もし買う場合には

資金に余裕があるのであれば入門機である「DCP-J525N」より、もう少しお金を出して上位機種を購入した方が良いだろうなとは思います。brotherでなく他社でも無線LAN接続出来るのが普通みたいなので。ただもし僕と同じで「頻繁には使わないけれど週に1度くらいは使いたくなる」かつ「写真の印刷はあまり行わない」(やはり写真印刷についてはCanonやEpsonの方に分がある)みたいな感じであれば、「DCP-J525N」のコストパフォーマンスは相当に優秀じゃないかなぁとも。

こんな機械が8,500円くらいで買えるかと思うと…胸熱ですね。