「人工衛星の可能性だってあるだろ!」と思ってるわけじゃなく100%弾道ミサイルの発射テストだと思ってますけど、まぁそれはそれとして客観的に判断出来る理由があるのかなぁというのは気になります。素人にはそもそもロケットとミサイルの違いもよく分かりませんし。

検索してみても詳細な解説みたいなのには行き当たれなかった(多分軍事系に詳しい人のサイトには解説があるはずなんだけど)けど、知恵袋に少し納得出来そうな記載があったので抜粋してみます。

ミサイルとロケットの違いは? - Yahoo!知恵袋

ミサイルとロケットの違いは?

この度の北朝鮮の人工衛星打ち上げ実験に関する報道で、北朝鮮から発射されるミサイルとテレビ等で報道されているのですが、これはどの様な意図でミサイルと報道しているのでしょうか?



ベストアンサーから抜粋↓

  1. イラン製、シモロフ弾道ミサイルに色を塗り替え、ハングル文字、北朝鮮の国旗を描いて銀河2号ロケットにしている
  2. 人工衛星打ち上げ実験なら、、ロケットの機体に、地上から異常振動がわかるようにブロックパターンの色塗りがしていない
  3. 故障により軌道が外れ、修正が効かないときに地上からの無線指令で機体を爆破して、地上の被害を減らす、爆薬の束が機体側面に付いていない
  4. 先端部分が人工衛星収納のフェアリングカバーでなく、核弾頭を搭載できる大気圏に再突入しても断熱圧縮熱で溶けない皿型、デザインのノーズコーン
  5. 最低でも秒速8kmまで加速しないと衛星軌道に乗れないのに、地球の自転速度を加速に使う、東向きの発射でなく、南向きの発射で、燃料を余分に浪費する飛行コースを選んでいるのは弾道ミサイルの飛行コース
  6. 人工衛星の打ち上げなら、地上へ衛星の飛行位置を知らせるテレメトリー電波の周波数が公表されていないし、搭載される光明星(クァンガンサン)3号の衛星の写真も公開されていない
  7. 人工衛星打ち上げロケットには軽量化のため、ストリンガーという補強板が機体側面にあるが、これがないのは、野戦でも発射できる弾道ミサイルの特徴
  8. 地上にロケット追跡して破壊指令電波を出す大型パラボラアンテナの地上局がない


これが事実だとするなら、4の先端部分の形状や3や7の外観の特徴、5の飛行コースの分析当たりは大きな理由になるかも。単純に推測で「どうせミサイルなんでしょ」と考えて糾弾しているわけではなくて、ある程度の確信を持って「こんなんで人工衛星打ち上げるわけないだろJK」といってるということでしょうかね。そりゃそうか。これ以外の「信頼出来る情報ソース」みたいなのもあるんでしょうしね。

ちょうど燃料充填中のロケットがメディアに公開されたみたいだし、その映像を元した解説があると解りやすいんですねー。誰かエロいひと。


ちなみに…北朝鮮の狙い的な話

この手の検索をすると、様々なイデオロギーの人が次から次に引っかかってまことにだるいのですけど、とりあえずはこの辺を読んで、「へーそういうこともあるのね」程度で済ませておくのが一番穏便かなぁと思いますです。どうせわからんのだし、あんまり熱くなりすぎませんよう。


ミサイル実験は金正恩の正統性と軍の威信のため:日経ビジネスオンライン

北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会は、人工衛星「光明星3」を4月12~16日の間に打ち上げると発表した。この予告に対して日米韓の3国は、ミサイルの発射実験は「国連決議違反」であると非難し発射の中止を求めた。ロシアも同じ立場を明らかにした。他方、中国は「憂慮」を示しただけで、「国連決議違反」と明言はしなかった。この大国の足並みの乱れが、北朝鮮の立場を有利にしている。大国がいくら非難しようと、体制を維持するために、北朝鮮は「人工衛星」を発射するだろう。


Business Media 誠:藤田正美の時事日想:北朝鮮の“人工衛星”打ち上げが意味すること (1/2)

“人工衛星”の打ち上げをあくまでも強行する姿勢の北朝鮮。日中韓3国の外相会談が行われ、北朝鮮に自制を求める考えで一致したものの、打ち上げてしまったらどうするかでは意見の一致をみなかった。国連安保理において北朝鮮を非難する声明を出そうとする日本や韓国、それに対して慎重な中国という構図である。

 北朝鮮側は「衛星の打ち上げテストをすることにとやかく言われる筋合いはない」という姿勢を崩さない。それに、「もともと打ち上げを表明していたのだから米朝合意にも反しない」と主張する。もしこれで各国が北朝鮮制裁の強化に踏み切れば、北朝鮮はさらに核実験をして、お得意の「瀬戸際外交」を繰り広げるかもしれない。

 それでも北朝鮮をめぐって事態が大きく動くことはない。米国を始めとする関係国にとって一番困るのは、北朝鮮の崩壊だ。もし金正恩体制が崩れるようなことがあれば、朝鮮半島のバランスが一気に崩れ、その結果、余計な緊張を生む可能性があるからである。