今年も安定の平でした。(いわゆる凶)


「平」とはなんぞや?というと、京都・下鴨神社のおみくじにおける一番下。いわゆる「凶」。


「凶」でも書いてある内容が前向きだったらいいのですが今年の「平」はなかなか手強くて、「うせもの:でない」などと言った読んでるこっちが気持ちよくなるほどのばっさり感。うひょー。去年も「平」だったけどこれはこれで随分手厳しいおみくじを引いたなと言うね。

しかしまぁ、毎年引いてはいるものの、年が明けて去年のおみくじを振り返ってみるに(下鴨神社のおみくじは財布に入れて1年保管して新しいの引いたら納めるのよ。知らずに引いてすぐ結んじゃってる人多いけど)、言われてたほど酷くないというか、「引いた時点がどん底」というのもあながち嘘でもないというか、何とかなるもんだよね。200円のおみくじで今年の運勢が全て象徴されても困るし。


去年についてはそれなりに楽しく過ごせたんじゃないかと思ってるし、そういう意味では案外好いのかもーなんつて。


まーそんな風に考えていれば、自然にラッキー降ってくるんじゃないかなー

そんな期待age