一応、休日の半日を使ってあれこれ読んだり聞いたりしてみたのですけど。
反対とか賛成とかいうか…

よくわかりませんでした。


唯一共感できたのは、小田島隆さんのコラムと、松永さんのエントリかなぁ。

TPPと野田総理の態度のわかりにくさ:日経ビジネスオンライン
TPPに関する素人考え[絵文録ことのは]2011/11/10

どちらも、なんとかせなあかんけど、その手段がTPPかどうかはわからんみたいな感じ。


基本的に「あちらを立てればこちらが立たず」みたいな話だと思うんですよ。

で、大体の流れとしては、経済を立てて農業は立たないのを諦めるみたいな話。


なんですけどねぇ…賛成派も反対派も「TPPで起こりうる最悪のリスク」を「TTPのリスク」としてなんやかや言ってて、現実的に「何が起こるか」とか「何が出来るようになるか」みたいなことって言わないんですよね…「今買わないと損しますよ!」っていうのは大体において詐欺師の常套手段なわけでして、繁華街で定期的に店を移して365日「閉店セール」をやってるやくざな店と同じなんですけど、そういう煽りじゃない、明るい未来を見せてくれる解説はないんでしょうか。明るい未来のために必要な手段がTPPならそれを選ぶし、TPP無しで明るい未来を描けるのであればそれを選びます。TPPは手段であって目的じゃないですから。


ああ、解説して欲しいっていうわけじゃないので、解説とか送りつけていただかなくて良いんですけど、少なくとも政府にはそれをわかりやすくまとめる義務があるよなーとは思いました。わからないひとがわかるようになるための何か。


あとねーうん、今までもずっと思ってて改めてやっぱり思ったんだけど、正直、影響範囲が広すぎて考えるの面倒。この利害を短期間で調整するのって無理ゲーっぽくね?農業と経済だけに焦点当てて、農業の金銭的支援をベースに日米FTAやった方がわかりやすくて良いんじゃないかと思いました。それ以上広がっても、僕、理解できる自信ないです。