前回 カレーとスープカレーは違った - nplll


家の近所にカフェがあります。京都で何店も展開しているお洒落なカフェです。
少し前までは同系列のカフェレストランでした。

その場所にカフェレストランが出来たのは3年とちょっと前。
それまで民家だったのを改造してカフェレストランにしたのでした。
外観は古民家で内装はお洒落なレストランでとってもいい雰囲気。
出されるメニューも新鮮な肉魚中心にとっても美味しそうで、
開店直後から予約が取れないほどの人気店になりました。

京都の中心部からは少し外れた、閑静な住宅地なんですよ?
そういう場所でもきっちり客が付くってのが京都はホントに面白い。

そんなカフェレストランでしたが、オープン3周年を記念してリニューアル。
毎日メニューを楽しみに見ていて気になりつつもまだ行けていなかった僕は、
「リニューアルオープンしたら行こう」と密かに期待していました。
そして少し遅れたリニューアルオープン。
期待していたカフェレストランは、完全な「カフェ」になってました。
店頭の看板もなし。えーと?

カフェといっても夜遅くまでやっているみたいだし、
場所はそのまま雰囲気も大きく変わったわけではないから、
客足はかわらんだろう…そう思っていたのですが、客ってのは正直ですね。今やまったく閑古鳥。
暇そうに客を待つスタッフが痛々しい。以前は頻繁にあった結婚パーティも今は一切無し。
震災以来の外食控えもあるんでしょうがそれにしても。



もしかしたら、メインで料理を作っていたシェフが独立してしまったとか、
何らの大人の事情的なことがあるのかもしれませんが、
しかしこういう展開だと本当になんだか切ない気分に…なぜそこでリニューアルしちゃったんだ…
どうせもう何店舗も展開してるんだからいつものカフェなら他の場所で良かったじゃん…

まぁそれでも半年後にはある程度客も付くんだろうなぁと思ってはいるのですけど、
それにしても商売ってのは何があるかわからんもんですね。怖い怖い。

とりあえず、美味しい魚が入荷したら教えてください。
食べに行きます。