季節の変わり目で体調を崩す人が増えているようです。皆さんいかがお過ごしですか。

僕もこういう時期に良く風邪をひくタイプで、薄着で寝てしまったり、汗かいたまま体を冷やしてしまったりして、
急に体調を崩してしまうということがよくあります。まぁ…油断しがちというだけなのかも知れませんが(苦笑)
それらに加えて徹夜続きなんて事になるともう、一発でアウトです。

ただ、今年は比較的風邪をひく機会が少なくいいかんじ。
朝早起きになって生活リズムがとても正しくなったというのも理由の1つしょうし、
野菜中心の生活になってビタミンバランスがかなり改善されたというのもあるでしょうけど、
去年と大きく違うのは職場での「寒さ対策」。


寒いんですよ、職場。

何で寒いかって言うと、小売店舗に事務所が付随している職場環境のため。
冷房の温度は店舗の人間が決めているのですけど、「外から入ってきたときの清涼感のため」という理由で
20℃とか22℃とかに設定されてるんですよ。お前はペンギンか。

そりゃ理屈はわかりますけどね、だから何度かした交渉でもそこまで激しく抗議はしませんでしたけどね、
太ったヤツが店頭に立ったときと痩せたヤツが立ったときとで、4℃くらい体感温度が違うのを、
「お客様のため」とか嘘ばっか言ってんじゃねーよ。お前らが暑いだけだろ。

もしお客様のためだって本気で言うんだったら、送風口から離れたところにでも基準にする温度計置きなさいよ。
今、店内の温度が何度になってるかがわかれば、昼過ぎに温かかったから低めに設定したけど
十分冷えたから温度を26℃に戻すとか出来るでしょ。


…が、ダメッ…!


基本、冷房大好き人間しかいないのでそんなことするわけありません。
やるとしたら寒いって言ってる人間がすべきなんでしょうけど、「お客様のために」と言ってる人を説得するには
それなりの根拠がないとダメなんですよ…「スタバのエアコン設定マニュアルが」とかそういうの。
面倒くせえなぁ。



というわけで、今年は、
  • 長袖の上着
  • ユニクロのヒートテック靴下(厚め)
  • タオルケット
を完備した上で着用して凌いでます。

まぁこれが存外に温かくて働きやすくて良い。
これまで「そこまでする必要は…」と思ってましたけど、それで体が冷え切って体調崩したりしてましたけど、
いやちゃんと対策しないとダメですね。ええ。


風邪の対策には日々の準備が必要というお話でした。

愚痴おわり。