米Googleが6月28日(現地時間)にフィールドテストを開始したソーシャルサービス「Google+」の加入者数が、7月12日には1000万人を超える――。家系図データベースサービスの米Ancestry.comの共同創業者で現在は米Facebook向けにソーシャルアプリを提供する米FamilyLinkでCSO(最高戦略責任者)を務めるポール・アレン氏が自身のGoogle+で分析結果を発表した。

 同氏の独自調査によると、7月4日に170万人だったユーザー数は7月10日には350%増の730万人になったという。9日~10日にかけての約32~34時間の増加は特に急激で、この間に約220万人が加入したと同氏は推定している。このペースが続けば、サービススタートから2週間目に当たる12日には1000万人を突破し、Googleが招待ボタンを削除しなければ週末には2000万人に届くという。
 

いろいろと話題のGoogleのSNS系新サービス「Google+」ですが、そう言えばまだ触ってません。
そもそもまだクローズドβ的な招待制で、誰にも招待してもらってないというのもあるんですけど、
それとは別に、Google Appsのアカウントで利用できないから、というのも理由です。


なんで出来ないんでしょうかね?
Google+を利用するには「Googleプロフィール」の設定が必要なんですけど、それがGoogle Appsでは出来ません。
コントロールパネルで利用がオフになってるとかそう言うことじゃなくて、システムとして利用できないみたいです。


今現在、Google Appsで利用できないサービスは下記の通り。

利用可能な Google サービス : 利用可能な Google サービス - Google アカウント ヘルプ

  • バズ
  • Google の保存容量
  • Health
  • PowerMeter
  • プロフィール ←

プロフィールがばっちり入ってます。
同様の理由で「+1」も利用できないんですよね…ボタンを押すと「プロフィールが必要です」が出る。


これが将来的に利用できるようになるのかどうかはよく解りませんが、
個人的には今、複数のGoogleアカウントを全てGoogle Appsに集約しようとしているので、
それで使えるようになると嬉しいなぁ。

まぁ、無理にでも招待して貰って使うほどのサービスでも無さそうだ、という余裕もあるんですけど(苦笑)


Google Appsアカウントでの「Google+」利用についてはこういう報道もあるようなので、
期待してもう少し待ってみたいと思います。

Googleのエンタープライズ担当プレジデントであるDave Girouard氏は米国時間7月7日、公開メモの中で、「Google Apps」ユーザーが「Google+」を利用できるようにすると述べた。

 このニュースは、Pocket Lintが7月8日に報じた。Google従業員の何名かは、Google+の機能をGoogle Appsユーザーに提供することについて、「Google Groups」のスレッドで言及している。

 「Google Apps」ユーザーが「Google+」を利用できるようになる時期や外部サービスとの連携については明らかにされていない。