毛布の上でも使える2年駆動マウス Logicool M515 は3月4日発売、4980円

「布団の上でも使えるマウス」こと Logitech / ロジクール M515 が国内向けに発表されました。発売は3月4日、ロジクールオンラインストア価格は4980円。M515はデスク上に加えてリビングでの使用を想定して開発された製品で、ベッドやソファ、布団の上でも使えることが特徴です。従来のマウスでも布の上で使うことはできなくもありませんでしたが、M515はセンサー部分を密閉したことで毛足の長いカーペットや毛布などの上ですら使うことができ、また繊維が入り込むことによる誤動作を防止します。

さらに平坦ではない場所でマウスを使うと起こりがちな「手を離した隙にマウスもポインタも逃亡」現象を防ぐため、手でマウスをグリップしたときしか動作しないセンサーを採用。同時に単三乾電池 x 2本で最大2年間使える長いバッテリー寿命も実現しています。

マウスとしての仕様は解像度1000 dpi の光学センサ、高速慣性スクロールとクリックモードの切り替えに対応したスクロールホイール、左右チルト含む5ボタンなど。PCとの接続はロジクールの機器ならひとつのUSBレシーバで複数同時接続できる Unifying 無線方式。対応システムは Windows XP / Vista / 7 およびMac OS 10.5以降。国内向けのカラーバリエーションは写真のダークシルバーのほか、ブルーとレッドが用意されています。



マウスと言えばポインティング・デバイスとして進化しないものの代表のように言われることが多いのですが、進化していないのはその存在、ポインティング・デバイスとしての設計に関する部分で、機械としてみた場合には随分進化したよなぁと思うわけです。
上で引用したのはロジクールの新作マウスを紹介するengadgetの記事ですが、冷静に考えると、
  • 無線
  • 光学センサ
  • 解像度1000 dpi
  • 5ボタン
  • グリップセンサー搭載
これだけの機能を搭載して、
  • お値段4,980円
  • 電池寿命は最大2年間
とかどんだけ高性能なんだよwwと思います。


昔話をするならついこの間まで無線じゃないマウスも普通にあった気がしますし、解像度悪くて使用する場所が悪いと反応しないとかデフォルトでしたし、そもそもちゃんとしたマウス買おうとしたら10,000円くらいしたし、多機能マウス買うときは充電電池を一緒に買うのが賢いやり方でした。電池すぐ切れるからね。

しかし今やそもそもマウスの電池を交換するという概念そのものが忘れかけられてるし、解像度はもう十分良いし、使用していて「不便だな」と思う点は殆どもう技術的に乗り越えられてしまっていて、それでいて値段は下がる一方という。

自分で使っているマウス(MX レボリューション)は2008年3月当時9,990円で購入。超使いやすい反面電池寿命が短い(フル使用で2週間くらい)、多機能が正直手に余るという不満があったんだけど、今全然そんなのないもんな…


技術ってのは変わらないようでいて進歩するもんですねぇ。