GoogleのChromeとAppleのSafariが、Internet Explorer(IE)からシェアを奪い、勢力を伸ばしている。

 Web分析企業Net Applicationsのデータによると、Chromeブラウザの1月のシェアは10.70%と初めて10%を超えた。Safariは6%を突破している。一方、IEのシェアは56%に後退、Firefoxはあまり変動がなく22.75%になっている。
 

ちょっと見ない間にInternet Explorerのシェアが56%にまで減ってた。直近6ヶ月を平均すると0.75%ずつ減っているので、この調子でいくと今年後半には過半数を割り込むことになりそうです。胸熱ですね。時代は変わるなぁ。

僕は今のところFirefoxをメインで使っていますが、Chromeに移行するのもやぶさかではない感じになっています。特にアドオンを殆ど入れず(入れても超有名なもののみ)、極ライトな使い方していない人に対しては、「Chromeにすれば?」と言おうかなぁと思ってます。結局、軽いからね。設定をGoogleアカウントを利用して保存・共有することが出来るのも便利だし。

複数のパソコン間での設定の同期 - Google Chrome ヘルプ

一応、Firefox4の正式リリースを待ってと言うつもりではいますが。

ブラウザシェアの変遷

ところでどこかに長期間のデータを網羅したグラフはないかな、無いなら作るかなと思ったらあった。

日本のブラウザシェア推移グラフ (StatCounter Global Statsより)

ネタ元のStatCounter Global Statsに行けばグラフを直接貼ることが出来るようなので貼ってみた...のだけど、範囲を広くすると重すぎて描画が正しくできない。サーバがきついのかな。データのダウンロードは出来るので、ダウンロードしてきて適当に成形していつものグラフに食べさせたらこうなった。

You need to upgrade your Flash Player

おーなるほど。わかりやすい。

FirefoxもSafariもOperaもここ数年思うように数字を伸ばせていない中でのChromeのこの伸びはちょっと異質ですね。色んな弾を打っては外しているのでヒットするイメージが離れかけているGoogleですが、んなこと全然無いんですよね。。検索、Adwords/AdSense、Gmail、Android、そしてChromeと、当たるとでかいんだよなぁ。Internet Explorerシェア喪失の早期実現に向けて、今後も頑張っていただきたいと思います。




オマケ: グラフの貼り付けコード

上のグラフの貼り付けコード、こんな風になってた。

<script type="text/javascript" src="http://www.statcounter.com/js/FusionCharts.js"></script>
<script type="text/javascript" src="http://gs.statcounter.com/chart.php?browser-JP-daily-20080701-20110201"></script>

1行目はグラフ描画用のJavaScriptライブラリでSWFObjectの拡張版。
2行目はJavaScriptとして呼び出してるけど実体はJavaScriptコードを出力するPHPプログラム。これを使ってグラフデータを作成し、XMLデータとして書き出した上でそれをjson形式で出力し、さらにそれをライブラリ経由でFlashに食わせるということをしてるみたい。なるほどね。