沖縄・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突のビデオ映像流出事件で、捜査当局は15日、事情聴取を続けてきた神戸海上保安部の海上保安官(43)について、証拠隠滅などの恐れはないと判断し、逮捕を見送り、任意捜査を続ける方針を決めた。同日午後、東京地検と警視庁の幹部らが協議し決定した。
 今後、在宅での捜査を今月中にも終え、国家公務員法(守秘義務)違反容疑で警視庁捜査1課が同地検に書類送検する。検察当局は送検後、早期に刑事処分を決める。
 海上保安官は16日未明、「今回の行動は正しいと信じているが、公務員のルールとしては許されないことであったと反省もしている」などとするコメントを新たに選任した弁護士を通じて発表。海保施設を出た。
 捜査関係者によると、検察、警察両当局は15日、海上保安官による流出行為の悪質性や、証拠隠滅の恐れなどについて意見を交わした。
 その結果、保安官が勤務していた巡視艇「うらなみ」の共用パソコンで、誰でも見られる状態で映像が保存されていたことなどから、悪質性は低いとの意見が大勢を占めた。
 裏付け捜査の結果、保安官の供述は大筋で正しいことが確認されたほか、自ら上司に流出を申し出て、自分の意思で海保施設にとどまっていることなどから、証拠隠滅や逃走の恐れもないと判断した。
 

これで「海上保安官良くやった!」と手放しで褒めていた人たちは随分と溜飲を下げたことだろうなぁと思うのだけど、僕にはあんまりそういうのが無くて、これは先日友達と交わした会話(議論までは行ってないと思う)の中でも感じたのだけど、なーんか危うい感じがして微妙だなーと思ってます。

なんだろ、理由はよく分からないけど、世論ってこの2つに分かれてんの?:
  • 業務で知り得た情報をYouTubeに流した海上保安官を厳罰に処すべし!
  • 国民のために自らを犠牲にしてビデオを公開した海上保安官を守れ!

友達が「処罰すべきとか言ってるヤツはアホ」みたいなことを言ってたので、ちらっとつっこんだら「お前はそっち陣営か!」みたいなノリで対応されたりとか。んで「脱藩という大罪を犯した龍馬も暗殺されたから最終的には処罰は必要」が友達の結論だったんだけど、いやいや暗殺なんて処罰じゃないし(脱藩に対して処罰を下すのは土佐藩であって会津藩預かりの武装警察じゃないでしょ)、国家を今から作り直そう(つまりは一時的に無法状態になるってことだ)っていうのと同じフレームでこれ見てんの?とちょっとびっくり。


なんだかなー僕には全く理解できないんだけども、なんにも分かっていない状態で厳罰に処せも守れもあったもんじゃないと思わないかい?どうもお互いがお互いを批判しあっているのが「アングル」みたいなんだけど、どっちも似たようなレベルだろって思うんだよねぇ。

仮に「ビデオが十分に機密情報であれば」この人のしたことは処罰に値するだろうねぇ。でもその仮定が崩れたらそうではない。仮に「海上保安庁の規則に違反」していれば同様に処罰の対象になるだろうねぇ。でもそれもやっぱり仮定。まだ何も確定していない中で、それぞれの陣営が勝手な根拠で(もしくは「マスゴミ」の与えてくれた情報で)夢語ってる状態なんだよね。

大事なことは、それを考慮に入れて発言することじゃないの?


この海上保安官に違法行為やルール違反があれば粛々と処罰すべき(処罰ありきではなく雰囲気ではなく法律や規定に従って判断すべき)だし、それとは別に今回のビデオ流出がもたらした社会的意義については議論を重ねて評価をすべきなんじゃない?

その2つは全然トレードオフじゃないし、それをごちゃ混ぜにするようなのが、日本の会社で頻繁に起きている曖昧な責任の所在の元凶なんじゃないのと思う。そう、あなたが忌み嫌ってるアレだよ。賭博「疑惑」で従業員をクビ切っちゃう国民的スポーツのアレと同じだよ。たった1人の補欠部員が友達を殴ったって言うんで甲子園出場を辞退しちゃうアレと同じさ。結局どうなったかより大事なのは体裁の方なの?違うでしょ?

この海上保安官がしたことについて議論をしたければ、厳罰論者の言うことは全面スルーしてそのしたことについてだけ議論すればいいよ。処罰したければ意義より法律などを優先したらいい。この2つは並立しうるし並立しなくてはいけないんじゃないの。


陰謀だ思惑だといった事態の細かい推移は僕には分からんけども、そんなことを思いますよ。
なんとなくね。