だいぶ忘れかけていたんですけど、ニコニコ動画でどの動画を視聴したかをすべてプライベート設定のTwitterアカウントに投稿することで視聴管理を行ってました。投稿はFirefoxのGreasemonkeyを使っていたんですが、ふと気付いて調べたらこれまで使っていたGreasemonkey(Uchさんのnicotterをカスタマイズしたもの)が動かなくなっていました。

ニコニコ動画の視聴履歴をTwitterで管理する - nplll: Mutter

これは恐らく8月いっぱいでTwitterのBasic認証が終わったために、API経由でPost出来なくなったってことでしょう。そうかそうか。OAuthに対応させないといけないのね。

どうしようかなと思いましたが、「また見てる」のazuさんが早速OAuth対応版の「また見てる」をリリースされていたのでそれをカスタマイズして使うことに。

またニコニコ動画見てるGreasemonkeyのOAuth対応版 | Web scratch


ちょっとライセンスがわからないのでコード全体の配布は自重しておきますが、
基本的には行を削っただけ(これを参考に一から書こうかと思ったけど結局殆ど同じになって「名前だけ変えて配布」にしか見えなくなったので止め)。

変更個所は「// ↓↓↓↓Your Script↓↓↓↓」以下で、変更後の該当個所はこのように。



変更点は以下の通り。
  • 動画ページを表示しただけでそのページを開いたことをPostする
  • ボタンなどを表示しない
  • コメントの入力機能もカット
  • Postするテキストを変更(動画時間のカット、ハッシュタグの追加)
  • Consumer key/Consumer secretを自分のものに変更

Consumer key/Consumer secretは、こちらでアプリケーション登録すれば取得できます。

http://dev.twitter.com/apps


OAuthのやり方についてはazuさんのエントリを参照してください。

またニコニコ動画見てるGreasemonkeyのOAuth対応版 | Web scratch



Special Thanks

azuさん
またニコニコ動画見てるGreasemonkeyのOAuth対応版 | Web scratch
OAuth for Greasemonkeyのラッパーライブラリ | Web scratch




ちなみに...

自分の視聴履歴を記録し続けて、気付いたら10,000ツイートを超えててこりゃかなりのライフログだなぁと思うんですけど、実際問題としてこの使い道は全然考えてないという(苦笑)適当なタイミングでAPI叩いてTwitterからデータ引っ張ってDBに格納していけばいかようにも活用できる(最近気になる動画とか、繰り返し見てる動画とか)とは思うんだけどね。