本当かどうか解りませんが、宝塚歌劇団の学校である「宝塚音楽学校」に掲載されているという「ブスの25ヶ条」。
(宝塚音楽学校に実在するのか問い合わせてみたけど返事はなかったw)

ブスの25ヶ条

  1. 笑顔がない
  2. お礼を言わない
  3. 美味しいと言わない
  4. 精気がない
  5. 自信がない
  6. 愚痴をこぼす
  7. 希望や信念がない
  8. いつも周囲が悪いと思っている
  9. 自分がブスであることを知らない
  10. 声が小さくイジケている
  11. なんでもないことに傷つく
  12. 他人に嫉妬する
  13. 目が輝いていない
  14. いつも口がへの字の形がしている
  15. 責任転嫁がうまい
  16. 他人をうらやむ
  17. 悲観的に物事を考える
  18. 問題意識を持っていない
  19. 他人につくさない
  20. 他人を信じない
  21. 人生においても仕事においても意欲がない
  22. 謙虚さがなく傲慢である
  23. 他人のアドバイスや忠告を受け入れない
  24. 自分が最も正しいと信じ込んでいる
  25. 存在自体が周囲を暗くする

昔から有名なネタらしいですが、今見てもなかなか味わい深いです。なるほどねー。


「希望や信念がない」のダメだけど「他人のアドバイスや忠告を受け入れない」のもダメ、「自分がブスであることを知らない」のはダメだけど知って「声が小さくイジケている」「他人に嫉妬する」のもいけない。各論でみると矛盾もあるし要はバランスが大事ってことだろうしなかなかハードル高い気がします。

一応「ブスの」という題名が付いてはいますけどこれって別に美醜の問題ではなく、人間の品としての問題かなと。各論として項目それぞれついて正しいか正しくないかを議論することは出来ますが、総論としての理想の人間、そういう目の向け方みたいのが大事という話じゃないかなぁ、と思います。



これに関する感想として、こういうのも見かけましたが...浅い、浅いよ。

が!これの逆を全部やっている人を想像してみてください。

 "いつも笑顔で自信満々。希望に満ちあふれて声がデカい。口角がいつも上がっていて、他人に尽くしまくる。"

・・・暑苦し過ぎる!スカッとしないし、むしろイラッとする!!

 というわけで、これを素人が実践しても決して美人になるわけではないということが分かりました。
作り笑顔なんかより、素のヘコんだ顔の方が断然魅力的ですよね。自分らしさを大切にすることが一番!
 



なんつーかなーこれ、心構えだからさ。「作り笑い」は「笑顔」じゃないんですよね。わかりますかねぇ。「笑顔がない」っていうのは、顔が笑ってないって言う意味じゃないんですよね。じゃあ、笑顔を作るにはどうすればいいか?心の持ち方?生き方?考え方?そういう話になるんで、そこだけ見て「作り笑い」を出すとかもうね。浅いよ。


「自分らしさ」は「自分らしさ」で良いんだけどさ。そういうのとこういうのって共存できると僕は思うのよねぇ。

大体、宝塚で「自分らしさ」が生きなくてどうすんのって話ですよ。見た目は似たようなメイクに見えるけど、トップによって変わる印象、それの理由は何ですかつったら「自分らしさ」に決まってるじゃないですかね。演劇なんだから。そうじゃなかったら意味無いじゃん。

そういう「自分らしさ」を乗せるための基礎とか土台とか、そんなものも人間にはあると思いますよ。僕は。「自分らしさ」をよりアピールするための基礎工事でしょ。もしそういうことが見えてないんだったら、これ読んでも意味無いよねぇ。きっと。