「時代遅れ」「誰も知らない」と揶揄されつつもまぁあるうちは使おうや便利だしって感じで使い続けているRSSリーダーですが、放っておくとサイトの移転やRSSのURL変更などで読めなくなっているサイトが結構溜まっちゃうんですよね。ソフトウェア側で、そういうのをまとめて隔離しておいてくれると良いんですけどまぁ無いので、こまめにチェック。

で、今日超久しぶりにRSSリーダー内の全フォルダについて、死活チェックも含めて検査をしたところ、引っ越し、更新終了もしくはサイト消滅のサイトが全部で50くらい。全体の1割くらいもあってちょっとビックリ。RSSのURLだけ変わっているヤツが全部で20くらい(一旦購読解除して再登録で読めた)。

中には、期間限定のものや、ネタだけで一時的に作られたブログもあるので一概には言えないものの、やっぱり人ってのは色々と動くのよねぇ...と思いましたです。

思い出したように雑感

個人的には、

  1. 引っ越しただけならRSSは301で転送してくれよ
  2. 301で転送されたらソフトウェアはデータを書き換えてくれよ
  3. Atomは正常だけどRSS2はエラー(もしくは逆)とかどういうことなの

とか思ったりするんですが、なかなか出来ないよね。


1. 引っ越しただけならRSSは301で転送してくれよ

これきちんとやれてる人(もしくはサービス)は殆どない。
レンタルブログで設定できないとか、サービスの変更で旧ドメインが消滅するとか、新旧きっちり割り切りたいとかなんでしょうけど。


2. 301で転送されたらソフトウェアはデータを書き換えてくれよ

これについてはどうなんだろう?サーバコードとしては結構明確なんだけど、なかなか。

livedoor Readerは対応しているらしい(301はデータを置き換え、302はデータはそのままで転送先を取得)けど、Google Readerは対応してないっぽいし。少し古いので今は解らないけど、こんな調査結果も。

BB Watch編集部ブログ: どうなる!? アメーバブログのRSSドメイン変更

んーRSSリーダーによって色々ですね。
書き換えてくれた方が便利な気がするんだけど何かあるのかな。
サイト管理者によって悪意の変更が行われたら危険とか?そりゃそうだけども。


3. Atomは正常だけどRSS2はエラー(もしくは逆)とかどういうことなの

これはよくわかんない。ソフトウェアのせいの場合もRSSのせいもありそう。
ただ思うのはそういうことじゃなくて、RSSの異常って結構気づかないんだよね...ということ。サイトの表示が崩れたりエラーが出てたりすればそれは当然気づくし修正するけど、よほどきっちりエラーチェックをしてない限り、RSSが上手く配信できて無くてもあんまり気づかない。
大手ブログサービスがそうなんだから仕方ないんだろうけどなー




まとめてみると

まぁともかくごく個人的な話として今でもRSSリーダーは便利に使っているので、たまにはきちんと整理しないとダメだねってことと、もうちょっと良いRSSリーダーありそうってことと、「RSSリーダーはもう時代遅れ」といわれて久しいけどともかくRSS(広義の意味で。仕様が定められたXMLで記述された要約のことね)が無くなることはどうやら無さそうなのでまぁRSSリーダー使いがこの世で僕だけだとしても他に便利なものが出るまではこのままで良いか[*1]ってこととで、全然まとまらないけどとりあえず。そんな感じ。


--
*1 TumblrやTwitterを使って流し読むスタイルもあるけど、個人的にこのスタイルはサイトごとの"タイムシフト購読"が出来ないから嫌。「今は時間無いから流すけどあとで読みたい」とかしたいので。そういう意味でレガシーなフォルダ形式(タグでも良いけど)が好き。