さより
さより。

生ものなのだから、良いときと悪いときがあって、とびきりじゃなくても仕入れざるを得ないときもあるわけで、余り宜しくないさよりはゴムみたいで歯切れが悪くさっぱり感もないものになるのだけど、

今回は美味しい。
寿司飯との間に挟まれた大葉がまたいい。


この手のちょっとした何か、ってのは目立たないけど大事だよなぁ。



関連