老害(ろうがい)とは、組織内において指導者・指導層が長期に渡って在任を続けて高齢化する一方で、円滑な世代交代が行われず、人材の若返りが阻まれるなどした結果、組織の老化・硬直化・腐敗化が進み、結果として様々な支障や弊害が発生すること。

現代では政治や大企業、経済団体などに顕著に見られ、またこれらで生じる問題が典型的な例でもある。ただし、決して近現代になって始まった問題ではなく、古代・中世においても3世紀の呉の皇帝孫権や6世紀の梁の武帝のように、長期間在位し老化と経年疲労により統治能力を失った人物がなおも在位し続けることにより問題が生じた例はある。

日本をはじめ、現在、少子高齢化社会が進展しつつある少なからぬ先進国において数多くの問題を引き起こす要因となっている。また、高齢ながらも経営や政治のトップにあり続ける人物が、自身の過去の成功体験に囚われた行動を硬直的に繰り返した結果、時代の潮流から取り残され、重大な弊害を引き起こしたり、企業や団体そのものを没落させてしまう事も見られる。また、政治にも影響力を持つ有力な経済団体や業界団体のトップが成功者としての独善的な行動・主張・要請を繰り返し、政治家の言動にまで影響を与えた結果、最終的に社会全体のひずみなどの形で悪影響が波及的かつ深刻に拡大して行く事もある。
 


自身の過去の成功体験に囚われた行動を硬直的に繰り返した結果、時代の潮流から取り残され、重大な弊害を引き起こしたり、企業や団体そのものを没落させてしまう
アドバイスとの境目が微妙なので、一概には言えないし、多分に誤解を招く可能性もあるんだけども...最近特定の話題にて感じることが非常に多いので。


30過ぎて「老害」ってあるよな。


  • 成功のための方法論がたくさんある
  • そのうちの1つを自分が選んで過去に成功体験がある
  • 今現在、特に目立った活動をしているわけではない

そういう場面があったときに、

  • 自分のやり方がどう考えても一番良い
  • それ以外のやり方をやってる人を非難する

っていうのは正直、大きなお世話だと思うんだ。


結局何が良いとか悪いとかじゃなく自分の好みなんだから(「それはお前の好みだ」と断言できる理由は、それ以外の方法で成功してる奴らがたくさんいるから)、対象者の責任を自分が取るとか、社会的に悪影響があるとかでない限り放っておけよと思う。どうせ身内の間で話して決まったことであって、他人とは関係ない。



自省も込めての話だけど、30越えたら老化って始まってるよ。


「自分が何が出来てたか」と「何を出来てるか」のギャップを、虚勢で埋めようとし始める。現実に起きていることを自分が理解していないことを本当はわかっているのに「自分の好み」や「昔は良かった」にすり替える。それって老害だよね。


言うまでもないけど、違う価値観からの苦言が老害っていうことじゃない。そうじゃなくて「要らない」ってことね。例えば一生懸命やってる現役の大学馬術部員に対して、もう何年も馬に乗ってなければその馬の性格すら知らない僕が偉そうに何か語ったとしても、その内容は大して役に立たないし、文字通り要らない。

大したことやってないのに知識ばっかり集めて、声ばっかりでかくて、ってなるくらいだったら、身銭切って乗馬クラブに行って半年くらいトレーニングして試合で成績出してから口を開いたらいいし、でなかったら黙って見てろって感じ。



僕もブログを書いてる以上、そういう嫌なダメな人間になりがちでそういう自分は凄く格好悪いと思っているのだけど、少なくともそれで天狗になってたりはしないし、何とかしたいと思ってる。プログラマには、「Shut the fuck up and write some code」(ぐだぐだ言ってねえでコード書けよハゲ)っていう言葉があってだな、でもそういうことだと思うんだ。

そういうことだと思うんだZE?


Shut the fuck up and do the something.