いやお前、前からそうだろっていうツッコミは置いといて。

ブログに書くことってのは個人的には年代によっていろいろとばらつきがありまして、過去においてはなんだかもう恥ずかしくなるくらい感傷的なのや、めちゃめちゃ個人的な話題が多くて、本当の意味で自分が後で読む用のエントリが多かったときもありました。自分が後で読む、ってのは今でも変わっていませんけど。

んで、仕事柄っていうか興味の方向がっていうか、だんだんと技術的なことのまとめみたいな感じになっていって、ときおりネタものをまとめてみたり時事ものの話題にかんでみたりとかして、今に至っているわけですけれども、購読者が増えるにつれて個人的な感慨とか個人的な出来事に対する思いとかそういうのはあんまりブログに書かなくなってきました。んー書いても仕方がないという部分もあるし、書こうとするとメチャクチャぼんやりした文章になるか、「常識的に考えて…」みたいな文章になって結論を出さなきゃ行けないかどっちかで、どっちも微妙だったので。
ただ、毎日生きてて全てのことに結論とかオチとかあるかっていうとそうでもなくて、なんかよくわからんけど「へー」と思ったとか、なんとなくこう思うけどなんでそうなのかはよくわからんとか、そういうのが結構いっぱいあって、書き留めておきたいと思いつつも、別にオチもなんにもなくて読んでも面白くも何ともないので二の足を踏みつつ。


一瞬mixiで書こうかなとも思ったけど、mixiで繋がってる友達相手に書くのはちょっと微妙なことも多いし(マイミクの繋がりとか正直に言うと少し苦手)、ならばTwitterかと言えばあれはあれで文字数少なすぎとか公開され過ぎとかアーカイブに出来ないとかで自分的に消化不良だしなーとか。

まぁそんなんで、結構ノートにメモ書きされたまま放置されたり、非公開のメモ用ブログに書かれて放置されたりとかしてましたが、まぁいいか別にと最近は思うようになりました。「読んでも面白いわけじゃない」という点についてはアレな感じなんですけど、ブログとして劣化したとかいうよりかは元に戻っただけの話なので、もし定期的に読まれている方で「ツマンネ」と思われたら適当にスルーしておいていただければと。


…そんなつまんない話をわざわざブログに書く理由は、読んでる人のうちの誰か1人には関係ある話だから、ですかね?読んでる人が1,000人いたとして、そのうちの1人に関係があればそれで良いかなって言う。読んでる人全員が面白いと思うようなエントリを書く才能は、まー元々別に無いっすからねぇ。んで、そういうのを頑張って書こうと肩に力はいってる自分って結構面倒くさいんですよね。

今までも結構適当に思うがままに書いてきましたが、もうすぐ33歳でありまして、適当に歳も取ってきましたので、その辺自重もしつつ、やっぱり適当にやっていきたいと思う所存です。所存って。