「お金をもうけろと言われたので……。嫌ですね、不景気って。みんなすさんできちゃって」――@niftyの人気サイト「デイリーポータルZ」(DPZ)のWebマスター・ニフティの林雄司さんはつぶやく。

 DPZは、どうでもいいことを真剣にリポートする日刊更新のWebサイトだ。月間ページビュー1800万、月間ユニークユーザー80万人の一大メディアだが、広告もほとんど掲載されておらず、お金の匂いがしないのが特徴。記事内容も、でっかいたばこの箱を作って隣にあるものが小さく見えるかを実験したり、食べ物を青くすると本当に食欲がわかないか試したりなど、身近でお金のかからないものばかりで、ギラギラしたネットビジネスの世界とは縁遠い。
 

不景気だからね…利益とまではいかないまでも、何らかの形で売り上げを作れないものは切っていくという流れは仕方がないのかも知れない。


…知れないけど!


DPZそのものにマネタイズを求めるより前にniftyとして出来ることたくさんあると思うんだ。部署としては端っこで遊軍扱いかもしれんけど、niftyの上の人にもうちょっと巧さがあればほぼ日みたいな感じだって目指せるはず。DPZ自体にマネタイズ求めたってやれることは限られてるし、良さを削る羽目になっちゃったら目も当てられん。

ブクマで書いたのは冗談でも何でもなく僕はDPZを全力で応援するし、DPZの採算の問題なんていう理由でDPZを潰すんならnifty解約するよ。初めてネットに繋いだ日からずっとniftyにお世話になってて、つい先日もややこしい手続きをかなり親切にやってくれてniftyには本当に感謝してるし思い入れもあるんだけど、でもそれとこれとは別の問題だい。niftyがエネルギー使って残すための努力をしていいくらい、DPZには価値があると思うんだけどな。