このブログのエントリは更新情報としてTwitterにPostしています。
利用しているプラグインはエムロジック株式会社のラボにあるPostToTwitter。

エムロジック放課後プロジェクト: PostToTwitter アーカイブ

便利なんですが、9/4からなぜかPost出来なくなっていました。ログには以下のように記録されています(成功時にはログへの記録無し)。

PostToTwitter: Failed to update.


色々と設定を見直して試してみたところ、次のことが分かりました。
プラグインの設定で、「実験的なオプション」とされている、「XML-RPC newPostメソッドを無視します」のチェックが外れていると、TwitterにPost出来ない。
(MT3にも対応のver1.1.1、MT4以降対応の1.2.0両方で確認)

もう一つの設定「エントリーの状態を未公開(下書き)から公開に変更した場合に投稿します。」と合わせて4通りのテストを行ってみたのですが、もう一つの設定とは関係なく、このチェックが入っていれば投稿はきちんと行われていました(オプションが影響を与える範囲を考えれば当然ですかね)。


しばらくちょっともやもやしていたのでこれですっきり解決。



んなわきゃーない。


2009/09/10

寝ぼけてたんですかね…ちょっと考えれば、 newPostメソッドはMovableTypeにポストするためのメソッドであって、Twitterとは何の関係もないってすぐ分かる話なのに。お恥ずかしいところをお見せしましてすみません。

てか、なんで投稿できないんだろう。TwitterのAPIの問題なのかなぁ。


2009/09/11

やっぱり投稿できない。そして、「XML-RPC newPostメソッドを無視します」にチェック入れたら投稿できた。一応コードも読んでるんだけど、ざっと見た感じでは、「XML-RPC newPostメソッドを無視します」にチェックが入っていて、条件を満たす場合にはTwitterへの投稿をトライせずに終了させる感じ。しかも、API経由でMovableTypeに投稿したときだけ。

なので、もしこれが関係あってエラーじゃなく終了してるならエラーログ「PostToTwitter: Failed to update.」は残らないはず(APIにリクエスト投げて失敗したらこのエラーログが残るはず)。
でも実際にはログに残ってるんで、そこまでは処理が行ってるんだよね…多分。つまり、「XML-RPC newPostメソッドを無視します」は関係ないはずなんだが。