先日の投稿制限の件ではたまたまTumblrからアクセスがあって辿っていって、おおそうかということで2度修正したのだけど、なんだろう…もし僕がアクセス解析見なかったら気付いてないんだよね、これ。


さっき、再検証が甘かった件について修正したんだけど、それを指摘したkmlさんのコメント、

いや、単にミスっただけだからそれ。普通に画像上右クリック→リブログできるから。わざわざパーマリンクに飛ばなくていけるから。再現性の検証が足りんど、おい。
 

修正すべき点を教えて貰ったのはありがたいんだけど、Tumblrのコメントに書いてるって事はただ単につっこんでるだけで僕にはそれ向いてないんだよね。当たり前なんだけど。こいつまだ間違ってるぜギャハハ的な。別に連絡手段がない訳じゃないんで出来ればコメントして欲しかったんだけど、kmlさんにとってはあのエントリは「状況」でしか無くて、僕が修正するかどうかはどうでもいい話なんだよね。
はてなブックマークもそういうところあって、たまに凹んだりするけど、あれは自分の被言及をきちんと掴めるからTumblrとはちょっと違う。気持ち悪いなーと思うのは、Tumblrのコメントは完全に地に潜ることが可能で(リンク付きで教えてあげない限り普通気づかないよね。ダッシュボード経由だと参照元も残らないし)、仮に僕がReblogで訂正したとしても、僕の訂正コメント入りReblogよりkmlさんのpostのReblogの方が圧倒的に多いわけだから、「足りんど、おい」だけがドンブラコと流れていくわけですよね。修正したかどうかはともかくとして。


自分がやってる分にはあんまり感じないんだけど、便所の落書きでありながら伝播もしていくというそのシステムを考えてみると何とも気持ちが悪いなぁと。あれはそういうもんで、僕もそれを楽しんでるんで気持ちが悪いからダメとかイヤとかでは全くないんだけど(だからkmlさん個人がどうとかいう問題では全くない、Tumblrってそういうとこ)、つまりは要するに、言及が相手には伝わらない前提で書かれてる以上、書かれた方もそんなもん気にしても仕方がないってことなんだろうなと。


個人的には、APIかなんかで引用だけでも被言及を取り出せるようになると良いなぁとも思うんだけど、んー多分そんなことしちゃうと文化が変わっちゃうから…多分しないだろうなぁ。そんなことして削除要請が山のように来ても面倒なだけだしねぇ。Tumblrは今のままで良いんだろうねぇきっと。


最近、引用されることがちょくちょくあるので、そんなことを思いましたです。はい。


なんか、Tumblrに引用されるのって怖いね。自分も見てる分、2ちゃんねるより怖いかも。