Yahoo!Japanがなんか本気で政治をコンテンツにしようとしてて笑えるw

衆議院選挙2009 - Yahoo!みんなの政治

いや、笑えるけど尊敬するわー。凄い。今まで「みんなの政治」は工作員と自分の論旨を見つめない熱狂的信者の巣だとしか思っていなかったのだけど、ちょっと見直した。選挙に関するニュースだけでなく、各選挙区の候補者の情報とか各党のマニフェストとかがまとめられていて、各雑誌の政治記事の抜粋とかもあり、おまけに「最高裁判所裁判官 国民審査」の方もカバーする周到さ。素晴らしい。
んでもって公示になった昨日、自分の考えがどの党に一番近いかを知ることが出来る「マニフェストマッチ」なるサービスが登場したのだけど、これが結構面白い。

マニフェストマッチ | 衆議院選挙2009 マニフェスト - Yahoo!みんなの政治

「子育て・教育」「年金制度」「地方分権」「政治・行政改革」「安全保障」「農業」」「財源・消費税」の7つの項目について、各党のマニフェストがランダムで表示されて支持できるものを選んでいくという形式なんだけど、読み比べてるうちになんとなくマニフェストというか各項目ごとの論点が見えてくる。だらーっと読むとどれも同じじゃねぇかと思うんだけども、こうやって項目ごとに切り分けて並べると結構細かいところが違うんだってのが解って面白い。他の党と同じようなこと書きながら最後の1行でイデオロギーの意地を見せてたりとか。


自分の結果は意外なことに、改革クラブ3、自民2、民主1、社民1でした。うーん。改革クラブかー。他の党のマニフェストが調子の良いことばっかり書いてる(特に民主ね)のに比べて結構しっかり書かれていたと思ったんだよね。民主とか「植物?水やっとけば成長するだろ」みたいな感じを受けるもんなぁ。そういう意味で改革クラブのマニフェストは良くできてたと思ったけど、ただ残念ながら議員5人(参議院4衆議院1)ではちょっと政治に絡むのは難しいかも知れないねぇ。あああと、安全保障とか行政改革とかは具体案があって良いんだけど、その他は何かロマンチックなことだけ書いてあって力入ってねーっていう気もした。まぁ各党得意分野はあるもんだけどさー


こういう選挙の機会もそうそうあるわけではないので、せっかくなんで少しくらいはマニフェストでも読んで楽しんでいったら良いんじゃないかと思います。はい。そうでもしないとうるさくて暑いだけだしなぁ。