個人的にはメールソフトはこれまでBecky!を何年も使っていて、今後も変える予定は一切無いので別に必要な知識ではないのですが、別件で必要になったので調べて移行をおこないました。

せっかくなので、その手順についてまとめておきます。


目次

  • 移行すべき環境
  • 事前準備
    • Outlook Expressのユーザー設定
  • Thunderbirdのインストール
    • ダウンロード
    • インストール
  • データの移行
  • 移行後に行うこと
    • アドレス帳の整理
    • メールデータの整理
    • メールアカウントの設定
  • 注意点
  • おまけ
    • 別PCにThunderbirdのデータを移行する
    • Portable版を使用する

移行すべき環境

Tunderbirdを使用するメリットは以下の3点です。

  • ソフトウェアが安定している(Outlook Expressは不安定すぎる)
  • 検索機能が発達している
  • データのバックアップが簡単に行える

一方でOutlook Expressを使用するメリットは以下の点です。

  • 複数ユーザでの共有が簡易に行える

複数のユーザーで1台の端末を共有し、メールもユーザーを切り替えることで共有している場合にはThunderbirdは対応しづらくOutlook Expressの方が向いています。そういう場合には移行すべきではありません。

しかしそれ以外の場合、つまり1台のPCを1人のユーザーが占有できるような環境の場合にはOutlook ExpressからThunderbirdへ移行すべきです。



事前準備

Outlook Expressのユーザー設定

Thunderbirdをインストール後初めて起動すると「設定移行ウィザード」が起動して設定やメールの引き継ぎ処理が行われますが、もしOutlook Expressに複数のユーザーが作成されていた場合、意図しないユーザの設定/データが引き継がれてしまいます(デフォルトでは「メインユーザー」)。そのため、インストールを始める前にOutlook Expressのデフォルトのユーザを引き継ぎたいユーザに明示的に切り替えておく必要があります。

  1. Outlook Expressを起動し、ファイル » ユーザー » ユーザーの管理をクリック
  2. 表示されたウィンドウ内の「アプリケーションを起動するときは次のユーザーを使用する」を引き継ぎたいユーザーに変更
  3. OKを押す



Thunderbirdのインストール

ダウンロード

ThunderbirdはFirefoxと同じMozillaで開発されている無償のメールソフトウェアです。以下の場所からダウンロードすることが出来ます。

無料メールソフト Thunderbird -- かしこい情報整理術・迷惑メール対策

「無料ダウンロード」をクリックするとダウンロードが始まるので任意の場所に保存してください。


インストール

先ほどダウンロードして保存したファイルを実行します。規約の同意などを行うだけでインストールは完了するはずです。



データの移行

Outlook Expressのユーザー設定の確認が済んだらThunderbirdを起動します。移行対象のメールソフトは必ず「Outlook Express」を選び、移行を実行します。メールデータが大量にある場合にはこの移行作業には時間が掛かりますので気長に待ちましょう。PCにもよりますが、メール100件に付き1分ぐらい掛かります。



移行後に行うこと

移行が完了したら、再びThunderbirdを起動し内容をチェックします。

アドレス帳の整理

Outlook Expressのアドレス帳のデータは、Thunderbirdのアドレス帳内の「Outlook Expressの~」という場所に格納されています。適宜整理してください。


メールデータの整理

Outlook Expressで保存されていたメールは、受信したメールは受信フォルダに、送信済メールは送信済みフォルダにまとめて格納されています。振り分け機能などは移行されていないので、適宜設定しながら振り分け直してください。地味にこの作業が一番面倒だと思いますが、ここでやっておくと後で非常に楽です。

なおThunderbirdでメールを送信すると送信済みメール格納専用のフォルダが生成されるので、移行した送信済みメールはそこにまとめて移動させてしまえばよいと思います。


メールアカウントの設定

メールを受信しようとすると受信サーバ(POP3)の設定を、送信しようとすると送信サーバ(SMTP)の設定を行うように促されますので適宜設定してください。



注意点

Outlook Expressのユーザー設定は必ず行ってください。また、移行後メールの欠落がないかどうかの確認が済むまで元のデータは削除せずにおいておくべきです。



おまけ

別PCにThunderbirdのデータを移行する

今のPCから別のPCへメールデータを移行する場合、Thunderbirdなら簡単に行えます。手順は以下の通りです。

  1. 移行先のPCにThunderbirdをインストールする
  2. 元PCのデータをLANを経由して移行先PCにコピー

Thunderbirdのデータは以下の場所にあります。

C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Thunderbird

このフォルダを丸ごと別のPCの同じフォルダに移行させるだけで移行は完了します。


Portable版を使用する

Thunderbirdにはインストールが不要なPortable版があります。

Mozilla Thunderbird, Portable Edition | PortableApps.com - Portable software for USB drives

これをUSBメモリなどに入れておけば、自分が使用するPCのUSBコネクタにメモリを指すだけでメールを使用することが出来ます。

8GBのUSBが2,000円を切っていることを考えると、PC毎にユーザを分けたり1台で複数ユーザが共有したりするよりも、こちらの方が便利かも知れません。


SONY USBフラッシュメモリ 8GB USM8GLSONY USBフラッシュメモリ 8GB USM8GL

ソニー 2008-02-21
売り上げランキング : 1290

Amazonで詳しく見る
by G-Tools