サッカーの良し悪しで日本代表の試合から興味が離れていく人って凄くたくさんいる(特にサッカーに詳しい人に多い)んだけど、まぁ言ってること(今の代表のサッカーは退屈、アジア予選なんかじゃ燃えない、W杯4強?ハハッご冗談を)は正しいとしても、そのことと試合の結果への評価とが密接にリンクしすぎているような。ああいや、愛国心がどうだとか言いたいわけじゃなくて、勝利は勝利として喜びを持って受け止めつつ、かつ理想と現状のギャップについて痛烈に批判するってのが、なんだろうなぁ、メディアやWebを通してよく目にする海外のサッカー好き(ジャーナリストはまた違うけど)のような気がするんだけども、日本ていうのはそもそも別に元から大して望むべくでもないのにえらい望まれてるっていうか、どんな結果を出しても大体はジャーナリストと同じような批判を国民がするって言うか、なぜだかメディアの視点と同一化してるって言うか、なんかそういう感じがよくわからんのよね。素朴に。僕がサッカーマニアじゃないからかも知れないけど。

結局戦術論が好きとかどうとか言うことじゃなくってある程度はプライドって言うか、日本を代表するチームがこのサッカーかよとか、こんなんなのにでかいこと言ってて恥ずかしいとか、試合に一喜一憂する国民とは別の意味合いで自らの何かを代表に代理させてるって言うか。代表や監督が恥ずかしくたってそれは別に自分が恥ずかしいわけでもなんでもないんだし、ぶっちゃけ、日本代表が世界のサッカー強国5指に入るのなんて少なくとも今世紀中には無理だろうから4強は果てしなく無理だとしても、なんていうかだからどうしたって言うか。例えば地元のチームであれば、弱くても弱くても弱くても応援し続けるってのがサポーターのメンタリティで、そのこととやってるサッカーへの不満は直接は結びつかないもんだと思うんだけど(弱くなったから見限るサポーターってどうよ)、同じことは代表に対しては当てはまらなくてサッカーが魅力的じゃなかったら見限るってのがなんだか『正しいサッカーファンの姿勢』みたくなってて、でもその割に代表に対してクラブチームと同じ程度に自らのプライドを代理させることを望むっていうのがなんだかいびつな心理じゃないのかなぁと。

僕だって同じメンタリティを持つ日本人だから気持ちはわからなくもないんだけどさ、アジアで最強、いざW杯出たら3敗であっさり予選敗退とか見たくないし、でも何となくふと思ってさ。俺らって批評するのは得意だけど、代表をモチベートさせるにはあんまり向いてないよなぁ。国民性だから仕方がないけど、サッカーに限らず、とりあえず何か結果が出たら無邪気に喜んで仕事止まるくらいのメンタリティでも、社会の一つや二つくらい回ってくから大丈夫じゃないの、とか思うんだけどなー
  • About

    I'm a web designer/programmer in Kyoto, Japan. Also work as a blogger, DJ.

    NOBODY:PLACE is my personal blog since 1998. Everything I'm interested in is here.

    See Also
    Other Works
    Feed
  • Recent Hatena Bookmark
  • Monthly Archives
    Categories