以前放送法について調べましたが…

【メモ】 NHK受信契約に関するあれこれ。 - NOBODY:PLACE - MUTTER

とりあえずNHKがどんなに酷いことをしようが、無茶しようが、あなたがどんなにNHKに腹を立てようが、テレビ放送を視聴できる状態でテレビを所有していれば、放送料金を支払わなければなりません。そういう法律なんです。しっかりとした契約書が存在しているわけではありませんが、その状態をもって契約したとみなす…的な契約なんですね、要するに。「テレビを買っただけだと思ったら、いつの間にかNHKの契約をしていた!何を言ってるのかわk(ry」というポルナレフな状態ですが、そういうことになってるんで、テレビを見ている人は諦めて払ってください。

テレビを見ていながら腹立つから受信料を払わないってのは、まぁ気持ちはもの凄くよくわかるんですが、実は反社会的行為です。NHKに金払わないから民放含めて全チャンネル見れなくなるとかもの凄く理不尽だと思いますけどね。。。なお、テレビ放送を見ず、映画観賞用とかゲーム用であれば支払う必要はありません。
で。


まぁそれはそれで現行の法律の話なんで、僕は法律の方を変えるべきだと思うんですけど(契約をしてからテレビ購入にするか、諦めて税金にするか、とにかくもっと契約の有無をわかりやすくして欲しい)、それ以上に問題なのは…こっちがきちんとした手続きで要求しない限り「解約」出来ないことと、その解約方法が広く認知されているとは言い難いことと、仮に要求したところで解約できたかどうか確認できないこと。



解約は、上に載せた動画の通りに申請すれば出来ます。NHKに行けば専用の申込はがきもあった気がします。ただ…一般的なビジネスの話で言えばですよ、解約したら解約の報告書くらい送られてくるもんじゃないっすかね?契約無効の確認は絶対必要だと思うんですよ。

でも僕が以前、廃止届けを出したときにはそんなの全く音沙汰無しで、集金が来なくなって引き落とされもしないからああ廃止になったのねってだけで。もし仮に、そのまま引き落とされ続けても気をつけなきゃわからないし、NHK自身にも視聴者と契約して放送しているっていう自覚がないんじゃないですかね?だから、自分が今から訪問する住所が契約者であるかそうでないかを確認もせずに、料金の請求が出来るんじゃないですかね?まぁそうやって尋ねたらそれ以来、来なくなりましたけども。


ぶっちゃけ、「テレビ購入=自動契約→それをNHKが把握する」なんて無理じゃんw

街の電気屋とかならともかく、そもそもこの時代に「誰がテレビを買ったか」なんて言うのを把握出来るわけない。把握出来ないってことは、収入をきちんと得られるかどうか解らないってことなのに、なんでそれ変えないの?いつまで税金には頼らないとか夢物語に拘るんだろう?そこんとこが未だによくわからんす。

ちゃんと予算があればちゃんとした番組も作れるNHKなんだから、ちゃんとした予算を確保して制作に励んでいただきたいと思う次第です。