【ロンドン=是枝智】20日のロンドン外国為替市場で、円が英ポンドに対して急伸し、主要国が変動相場制に移行した1973年以降の最高値となる1ポンド=125円台まで円高・ポンド安が進んだ。 Click here to find out more!  英銀ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)が過去最大の赤字に陥る見通しとなるなど、英国の金融システムに対する懸念が広がっているためだ。  金融危機の拡大で、2008年夏からポンドは円やドル、ユーロに対し下落し続けている。1ポンド=210円台だった08年7月以降、対円では半年で約4割も値下がりした計算だ。欧州の中でも英国の景気悪化が深刻になっていることを背景に、ポンドはこの日、対ドルでも一時、約7年ぶりのドル高・ポンド安水準をつけるなど、ポンド売りが膨らんでいる。
 
なんかもう、数字だけ見ると何の通貨の話かわからなくなってきてますね…

(変動相場制移行後)史上最安値、と言われてもいまいちピンと来なかったので、
何かわかりやすいデータ無いかなーと思って探したら、Stooqのグラフが一番わかりやすかった。




GBPJPY - Stooq


…。


凄いことになってるな…

90年代半ばに急激に円高が進んで更新されるまでの最安値を付けてるけど、
グラフを事後に見る限りでは、ある程度の期間の踊り場があったのち、
一瞬だけ下げた…と言う感じに見える。
でも今回は、なんかもう踊り場とか無くて、まさに転がり落ちるという印象。

記事にもあるけど、半年で4割の値下がり、
つまり円に対してポンドの価値が6割になっちゃったんだもんなぁ。
1,000円のランチプレートが600円で食えるわけです。当たり前だけど。
オイスターカード有りでの地下鉄初乗りが1.6ポンドだから、
地下鉄初乗りが336円から200円に値下げってことです。いいのか、それ。

これ、どうなっちゃうんだろう。



ちなみに、ドル円の40年グラフはこちら。



USDJPY - Stooq

今回の件について言えば、ポンドはドルに対しても下げてるので、
ドル円についてはあんまり影響はなさそう。


日本は、円高が起きるとかなり心理的に影響があるけど、
自国の通貨が暴落していく感覚ってのは…どうなんだろうな。。