変換をしていて、何となくファイルサイズデカイなーおっかしいなーと思って調べたら、
全て128kbpsで変換されていた件。
サイズ重視だから、64kbpsに設定してあったはずなのに。


なんでなんで?と思って色々試してみたところ、判明した。
元のソースがモノラルの時、コマンドでステレオを指定すると、
ビットレートの設定が送られない!(何でか知らんけど)

設定がないと、128kbpsで処理される!
(デフォルトは200kbpsとの情報もあるけど128kbpsで処理された)


サーバのエラーログ見てみると、
確かにoutput時のビットレートが『0 kb/s』とかなってて、
次の処理では128kb/sで処理されてる…重いわけだ。

以下、エラーログから抜き出し。

WARNING: The bitrate parameter is set too low. It takes bits/s as argument, not kbits/s
Output #0, mp3, to [*** OUTPUT FILE ***]:
Stream #0.0: Audio: libmp3lame, 44100 Hz, stereo, 0 kb/s
Stream mapping:
Stream #0.0 -> #0.0
Press [q] to stop encoding
size= 118kB time=7.5 bitrate= 128.0kbits/s


ステレオ設定でビットレートが倍になってる?とかも思ったけど、
48kとかにしてみても128kbpsで処理されてる。
恐らく、それがデフォルトの設定なんだろう…

あーエンコードしなおすのめんどいなぁ…