ブログサービスの中で最も不便なRSSとして、
他の追随を許さないアメーバブログ(アメブロ)ですが。

無料ブログのアメーバブログ(アメブロ)|携帯対応!芸能人・有名人ブログも充実


何で不便かって言うと、芸能人系のブログがウリな割に受信するとこうなるからですね…



ていうわけで、勝手に全文を取得するようにしてみた。
きっかけはこの辺。

Milano::Monolog: アメブロRSS問題 勝手に解決

「g」で本文を取得するlivedoor Reader用Greasemonkeyスクリプト - F.Ko-Jiの「一秒後は未来」


“どちらかで解決”と言うことで、
F. Ko-Jiさんに倣ってSeaHorse+FreshReaderの解決も模索してみたのだけど、
結局その前段階として全文配信RSSが必要みたいなんで、
まぁいいかってんで、全文配信RSSを作成。


『全文配信RSS』と言っても、自分だけで使うわけなんで静的にきっちり作ってるとかではなく。
PHPでプログラム書いて、リクエストを受けたら、

  1. 該当IDのRSSを読み込んでエントリリストを取得。
  2. エントリリストから各エントリの本文を取得、抜粋。
  3. 画像はローカルに保存(リファラの関係で表示できないので)
  4. 画像URLを差し替えつつ、XMLとしてアウトプット(RSS2.0)。

という手順でRSSを吐く。

負荷に関しては、RSS読み込みのキャッシュが3600秒保存されることと、
FreshReaderからしかリクエストを行わない(1時間に1回)という辺りでコントロール。
自分だけの利用だしコレで良いかなぁと。
もし公開するのであればもちろん、リクエストそのものをキャッシュしないとダメだけど。

他のRSSの場合には、DBにエントリデータと更新時間を記録して、
HEADリクエストで判断できるようにしてるし、
そもそもRSSの書き出し自体をキャッシュしてる。
まぁそこまではいいかと。



一応、全てのアメブロに対応するように書いてはみたものの、
別に読みたいブログも見つからなかった(若槻千夏もアメブロ止めちゃったし)ので、
とりあえず竹原さんだけ。


今のところ無事動いてるっぽ。
アメブロのHTML構成が変更になるまではコレで行けそー




アメブロの不便さについては。

RSS移行時の格好悪さとか、著作権どうたらとRSSにわざわざ書くところとか、
およそ技術の会社とは思えない醜態をさらしてるアメブロではあるけれども、
結局の所ビジネスの相手が芸能プロダクションとか非技術の企業ばかりだし、
仕方のないことなのかもしれないなーとも思う。
現場のプログラマの人とかは悔しい思いしてるかもね。

やたらとページ遷移が多くて見にくいインターフェイス、
スパムだらけなのに放置されてる『新着記事』なんかも考えると、
Webデザイン、Webに関する企画立案関係がちょっと力不足なのかな、と思うけど。