今年はずっと見掛けなくて、心配してたんですが。

昨日、両替町通りを歩いてるときに、
巣作りをしているつがいを見掛けましてね。

あーようやく、そういう季節になったか、と実感しました。


子供の頃、僕の家の前、後ろは、
あまり大きくない都市に行くとあるような『街中の田んぼ』で、
大体5月くらいになると、青く生えそろった稲の羽虫を取りながら飛ぶ燕が
よく見掛けられたもんです。

実家の駐車場のところに、もう長いこと燕が巣を作っていて、
毎年れを見てたんですが、
実家を改装したときにもう取り払ってしまったのかな?
改装した実家を未だに見に行ってないから分からないけど、
ちょっと寂しい気がするなぁ。

どうなんでしょ、毎年不安なんですけど、
都市部の燕ってのは、やっぱり減って行ってるんでしょうかね?
調べてないんで何とも言えませんが。


その実家の田んぼも、いまでは1つもなくなってしまって、
表の田んぼはジーンズショップとマンションと熱帯魚屋に、
裏の田んぼは、梅かなんかの畑になった後、マンションになるとかならないとか。

だんだん、燕にとっても住みにくくなってるのかも…

…でも、街中に殆ど自然が残らないと言える京都にさえ、
燕は来てるんだよなぁ。

んー。