はてブコメントをいただいて、はたと思いついたのだけど、

私の場合、純粋に思いついたことをそのまま吐き出しているのはブログじゃないな…。非公開の日記がそうかもしれない。見せようとすると、意外とそういうのって書けない。

あ、俺、前提思い切りすっ飛ばしてるわ。

僕の場合、blogには、純粋に思いついたことを吐き出してるんじゃないんだな。
公開できると言う前提、いわば、ネタの元、みたいなことなんだよな。
さすがにだって、日常思いついたことを全て赤裸々に語ってるわけはなくて、
当然ながら、ネット上で晒したくないプライベートもあるわけで。


だから、自分で『それが公開すべきか微妙』とか思うのは、少し違う。
最初から、公開出来る前提で思いついたことを、blogには書いてるんだ。多分。

そう言う意味で、まぁもちろん周りがどう思うかは別問題ではあるけれども、
自分の中の線引きとしては、
公開できる、公開する、そういう思いつきを書いてるんだね、と。
だから、公開することは自分では微妙でも何でもないんだな。


ネットに書きたくないようなことは、
非公開の領域や、ローカルや、ノートや、そういう場所に書いてるわけで、
『思いついたら、吐き出す』と言うことに関しては、広義には変わらない。
ただそれを、blogとか、webとかに関連させてしまうのは、
ちょっと視野狭窄だったかも。

つまり、簡単に書き直すと、


思いついたら、吐き出す。
それが何であろうと、そのことで、思いついたことを記憶して後で検討できたり、
また新たな過去とを思いついたりすることができる。

吐き出す場所は、その思いついたものに応じて分ければいいし、
例えばこのblogは、このblogが持っている方向性にあった、公開できる思いつきを、
自由に吐き出す場として使われている。

公開できない思いつきも、やはり吐き出すことは必要だし、
その場所はもちろん、公開されない場所、ということになるだろう。


といった感じか。


まぁ、考えてみれば、そりゃそーだってコトなんだけどな。
吐き出す場所については、特に言及するつもりがなかったんで、
カットすべきだったかな。