Australia Day

FlickrBlogのこのエントリより。

I don't know if you've ever seen Australians in the wild before, but next time you do, just remember these 4 simple rules:
  1. Keep them outside, preferably near the beach
  2. Cook them something on a barbecue
  3. Talk about sport, and
  4. Give them a beer

It's really very simple, and I can guarantee you will get bonus points if you also feed them lamingtons or fairy bread.
Happy Australia Day!

 

日本語に訳すと、

オーストラリア人て言えばこんな感じだよ。

  1. 外が好きで、特に海辺を好む

  2. バーベキューでなにがしか調理している

  3. スポーツについて話をしながら、

  4. ビールを渡そう。


簡単だろ?


なるほどねー

正直そんなに接する機会がないけど、
(というか普段会う外人が本当は何人なのかもよく分からないし)
そういうステレオタイプはなぜかあるなぁ。
明るくて、スポーティで、エネルギッシュで。

生まれ変わるなら、オーストラリア人も面白そうだなぁ。

ところで、文中に出てくる、『Australia Day』って何だろう?と思ったら、
要は、ヨーロッパ人が初めてオーストラリアに上陸した日、らしい。

オーストラリア・デイ Australia Day

1788年1月26日にフィリップとその艦隊がシドニー・コウヴ(入り江)に上陸したのを記念した休日。1818年にマクウォリー総督のもとで初めて公式に祝われたが、祝日となったのは、ニューサウスウェールズ植民地建設50年が祝われた1838年からである。しかし、この日は当時、アニヴァーサリー・デイと呼ばれていた。また、この日が他の植民地や州で祝われるようになるのは、連邦運動がANAによって行われるようになった1890年代からである。

 


へー。なるほどねぇ。

そこから、近代オーストラリアが始まったんだ。
(ちなみに今、本当にたまたまだけど『オーストラリア縦断』の副音声を聴いてる)