『ストレスが溜まると、過食に走る』

ってのは、もう、ここ何年かで完全に自分に定着してしまったことなのだけど。
ここ3ヶ月くらい、仕事のことで色々考えてさー…
なんとなく、生活をやさぐれ加減のまま放っておいたら、えらいことになってた。

具体的な数字は割愛するけど、
現在の状況をBMI値で言うと…、25.43

BMIは体重(体格)指数のことで、体重÷身長÷身長で算出される体重(体格)の指標である。疾病との関連からこれに着目し疫学的に調査研究したTokunaga et al(1991)は、それが約22(kg/m/m)においてもっとも有病率が低くなるという結果を得、それぞれの身長においてBMIが22となる体重を「理想体重」とする(呼ぶ)ことを提案している。
 

日本肥満学会によれば、
BMI値による、区分は以下の通りになっている、らしい。

BMI
<18.5低体重
≧18.5?25>普通体重(標準値は22)
≧25?30>肥満1度
≧30?35>肥満2度
≧35?40>肥満3度
≧40肥満4度

おお、肥満だ(泣)

まぁなー当たり前なんだけどね。
深夜にパスタとか食ってりゃ、そりゃ太るって。

『ダイエット』の基本的な指針は、毎度のことながらいつも同じで、

  1. 食事制限
  2. 運動

の2点。


しかし、基本的には、
『ストレス』を解決しなくてはならないし、
それを運動で発散するにしても、運動する時間を、作らなくてはならない。
(早起きするか、仕事から帰って走りに行くか、どちらかなのだが)

食事は、特に勤務中の昼飯など、ラーメンや定食の誘惑を断ち切る必要があるし、
夕飯はきちんと、早めに食べる必要がある…
(あんまり残業すんな、ってことだ)

なので、よくよく考えると、生活全般を変えていかないと、
正常化は難しいってことなんだよなー

うーむ。


でも、良い機会なので、
生活全般含めて、立て直したいと思います。

3ヶ月後、標準体重(BMI値22)を目標に。


ちなみに、前述のはてなダイアリーの記述内には、

世間がBMIと理想体重を持てはやすようになった源は上記にあるのだろうが、疫学的な研究結果を個人の努力目標に直接につないで議論するのは明らかな誤り。

という指摘もある。

まぁ確かに、統計上そうなだけで、
ヒトによって痩せがちのヒトもいれば、太りがちなヒトもいるし、
年齢によっても違うだろう。
なので、BMIが標準じゃないから異常、という論理はどうかとは思う。

まぁでも、BMI値絶対主義、ということではなくて、
大体、このくらいの範囲だったら、
それほど健康に影響はないみたいよ(統計的に)というくらいに掴んでおいて、
ある意味で『ゲーム感覚』としての、
目標値として使用する分には、有益かなーと思って。
目標のあるなしでは、モチベーションが違うからさ。

ちなみに、余談ですが、
敗者は勝者にイタメシフルコースをおごることになっております。
(総額2万くらい)

頑張らなければ…