続き物のファイルをゲットしたら、結合したくなるのが人情ってもの。
正直に言うと、結合してからチャプターを入れるくらいなら、
別ファイルのままにしておいて、
ファイルリストを作った方がよっぽど便利な気がするけど、
いやまぁ、ね。
人情ですから。


そういうわけで、Youtubeなんかから落としたファイルを、
まとめて見るには、ってな感じで。


超簡単にメモ。
詳しくはリンク先をどうぞって感じで。

■ とりあえずプレイリスト

まず…結合しないで、見るっていう方法もあります。

Media Player Classicの場合、
複数ファイルをD&Dすることで、プレイリストに複数のファイルが追加されます。

で、プレイリストを表示させて、
その上で、『右クリック>名前を付けて保存』でプレイリストを作成できます。
言ってみれば、ショートカットみたいなものなので、
適当に名前を付けておいておけばOK。
(但し、日本語は通らないかも)


最後に、関連付け(『表示>オプション>関連付け』)の設定の中の、
"Playlist file"チェックを入れておけば、
ダブルクリックから、まとめて見れます、と。

■ 結合する

とはいえ、複数のFLVファイルをそのまま結合するソフトはないみたいです。
パターンとしては、他のファイルタイプに変更し、結合ということらしく。

ざっと調べた中で一番簡単そうなのは、MKVという形式でまとめる方法。
MKVというのは、マトリョーシカと読み、
『映像、音声、字幕などのデータを格納するためのマルチメディアコンテナフォーマット』
とのこと。
まぁよくわからんけど。

Matroska - Wikipedia


で、実際に使うソフトウェアは、
FLV2MKVという、FLVをMKVに変換するソフトウェア。

この辺りを参考にすると、一旦変換してから、
他のツールでまとめる…らしいんだけど、

やあ、前回は「GIGAZINEメソッド(笑)」*1で6000ユニークIPウハウハだったわけだが、コメント欄へasmさんから、「えー? 分割結合なんて、一発でできるがな(藁)」というツッコミが入った。試してみたところ「うは、こりゃー楽」だったので、改良版を再度紹介する。前のエントリーを読んで「便利だけどちょっと面倒かな?」って思った人は、是非試してもらいたい。
 

新しいバージョンでは、複数のFLVファイルを放り込んで、実行を押すだけで、
他のツールを使って1つのファイルにまとめるところまでやってくれるみたいです。

最新バージョンはここで。

自作アプリ第一弾 FLV Extractのソースをパクり作りあげた一品 flv → mkv変換を行います。 この変換による画質・音質の変化はありません。 Youtubeなんかから落した動画を画質を落さず保管したい時に便利
 


作業途中で、音声ファイルやら何やらが一時的に出てきますが、
全部が終了すると、作業ファイルは消されます。
ので、問題なし。


まぁ、MediaPlayerClassicを使ってると、
できあがったファイルがどんな形式でも、
あんまり関係ない(コーデックさえあれば再生できちゃうし)ので、
このソフトでいいかなぁ、と思う。

簡単だったし。

■ その他

この辺にも色々あるみたい。試してないけど。

ツール保管庫.net/ねとらん記事アーカイブ2006年10月号「脱 教えて君Q&A300・前編」


この辺使って、他の形式に変換して保存するのもありだし。

YouTubeを劣化なしで各種形式にオンライン変換する「FLV Online Converter」 - GIGAZINE

技術的に全く詳しくないんで分からんけど、
やっぱり、『FLVのままで、ワンタッチで結合』って難しいのかね。

まぁそのうちに出てきそうだけど。

■ オマケ

MediaPlayerClassicの日本語化を、現在行っているのは、この辺のサイト。

nanasi7743 - Media Player Classic 日本語化

ffdshowとか、周辺ソフトウェアの情報もあって、良い感じです。