『イベントについて』の文章の初稿を書き上げたんだけど、予想以上に大変。
どう書いても、偉そうになってしまう。

僕としては、知っていることと、感じていることだけを書いているつもりなのだけど、
どうしても、仮定→検証の間のどこかに、断定を入れざるを得なくて、
結局それが自分のことではないために、その断定に対して、
また検証を行うという、多角形の辺の数を増やして円に近づけるような、
または、積分のような、そんな文章になってしまった。
現在…軽く2,000文字を超えてますが。
(これでもいくつか項目毎切った)


何度も書いているとおり、
論理的というのは、論理に従って考えていく…わけではなくて、
僕の場合には、はっと気づいたらある地点に立っていることが『解って』、
そこまでどうやってきたのか、どうやったらこれるのか、
そこがどんなところなのか、ということを、
後から検証して言葉で説明しようとするのだけど、

そこに不確定要素、例えばイベントについてなら、
そこに登場するイベント毎の事情、性格…知らないことの数だけ仮定が出来るわけで、
それらを十分な検証無しに断定することなく、
できればそれらすべてに共通するような(=メタ的。幻想だが)、
そんな文章を模索することになるわけで。

と、同時に、読者を意識して書く以上、
まず読んでもらわないといけないし、読んだら解ってもらいたいし、
疲れるような難解な言い回し(語彙とか、抽象とか)は避けて、
実際的な言い回しを使う必要があるし。


感覚を、そのまま人に差し出せたら、どんなに良いかなぁ、と思う。


でも実際にそれをやっちゃうと、
ただ『周りが見えてない人』になるだけで。
日本語で喋ってるのに全く伝わらないという、
アホで間抜けな事態になるだけなんだよな…


何でそんな面倒なことをやろうとしてるのか、本当に疑問だけど、
結局、そういうことが好きなんだろうなー

なるべく入り組んだことを、誤解されずに正しく理解してもらいたい、
または、理解できるような文章を書きたい、というような。

曖昧で、印象的な言葉を使って、
ぼかして、雰囲気だけ伝わるような言葉で書くのは簡単なんだけどね。
大事なことに対してそれやっちゃダメだろう、と。


まぁ、普段のコミュニケーションでも同じなんだけどね。

肝心の文章の方は、今週中くらいにはアップできる予定です。
お蔵入りにならなければ。