恐らく多くの日本人がそうであるように、
僕はアメリカがあまり好きではない。
むしろ、嫌いですらある。
政治が少しでも絡む世界に、アメリカの名前を見つけたとき、
良い気分を味わったためしがない。
見返りのない『粋』は出来ない国なんだな。
環境問題でも何でも。
唯一、『カネ』という価値観で、国を統一できてる感を感じるときすらある。

しかし、アメリカの全てが嫌いかって言われると別にそうでもない。
友人がアメリカ人だって、
別にその話題にならない限り、何の感情も抱かないし、
むしろ、アメリカの文化、特に、エンターテイメントや、スポーツに対する愛情、
そういった点に関しては、尊敬すら感じる。
様々な人がいて、様々なアウトプットがあって、
そういう新しさを感じる。

あ、てか、すげーなーって思わされる。
そういう点については、素直に。


で、アメリカでスポーツと言えば、4大スポーツ、
その中でもこの時期と言えばMLBなわけです。
(…いや、正確にはNBAのプレイオフだが)

そして、MLBに関して僕がいつも文字通り舌を巻くのは、
オフィシャルサイト、MLB.comの、データ量の豊富さ。
何回も書いてるけどね。
見るたびに驚く。

さっき、イチローのデータを見ようと思って覗いたんだけど、
相変わらず、無駄じゃないかと思えるほどのデータ量。
それも、ただインプットされたデータを羅列してあるだけじゃなくて、
ちゃんといろんな切り口でそのデータを眺められるようになってる。

例えば…前は気づかなかったのだけど、これとか。

Major League Baseball : Batter vs. Pitcher Stats

特定のバッターと特定のピッチャーの対戦成績を表示できる。
しかも、特定のバッターと、特定のチーム全てのピッチャーとか、
特定の球場で、とか、
特定のシーズン(年、季節など指定可能)とか、
細かく調べられる。

プレイヤーの情報にしてもやたら細かくて、
例えば、コレなんて、殆どビョーキと言えるような代物だ。

Major League Baseball Stats: Ichiro Suzuki OF HITTING CHART

各シーズンの、各バッターの打球が球場ごとにチェックできる!(笑)
項目は、Single(単打)、Double(二塁打)、Triple(三塁打)、
Home Runs(本塁打)、Ground Outs(ゴロでのアウト)、Fly Outs(フライでのアウト)、ALL(全て)。

いやもうアホですわ。
スカウティングレポートじゃないですか。
どんだけデータマニア多いねんな。
しかもこの更新作業を、毎日更新でやってるわけでしょ?
どんなエネルギーを使ってるのか…ありえん。

僕なんかは大喜びだし、
日本のプロ野球もこのくらいのことしてくんねーかなーと思うけど、
でももししたとしても、プロ野球ファンはさして喜ばないだろうなーとも思ったり。


多分、こういうデータマニアな感じってのは、
国民性なんだろうなぁ。
きっと、他のジャンルでもこうなんじゃないかと想像したり。

すげー人たちだなぁと思うよ。

国ってなると全く好めないけど、
文化としては尊敬できる部分、しっかり持ってるもんなぁ。


で、なんでWBCで勝てなかったの?(笑)