まずは、ほぼ日刊イトイ新聞内、きまぐれカメラより。
ここにたまに(頻繁に?)登場する、ブイヨンさん、可愛すぎ。

『可愛くない写真』って言われて出されてる写真も、
間抜けで、何とも愛らしいんだよなぁ。

ブイヨンさんがほぼ日のマスコット犬なら、
はてなのマスコット犬はしなもんさん。

コーギーの、転がるような動きとか、
なんか外人っぽい目とか、可愛いよなぁ。

コーギーと言えば…
そういえば、ITMediaのカメラ講座の最新版がコーギーでしたね。


一番身近な被写体といえば、家族とペット。ペットといえば代表は犬と猫。ほかにも熱帯魚とかウサギとかイグアナとかインコとかハムスターとかいろいろあるけれども、今回はメジャーなペット、犬の撮り方を考えてみよう。

『愛犬をいかに可愛く撮るか』
なんていうテキストの部分は殆ど斜め読みで、写真だけ見てしまいました(笑)
っつーかさー正直言えば、この記者も、
愛犬がいかに可愛いかをアピールするために書いてるんじゃない?
少なくとも、半分くらいは。

や、気持ち分かります。
叩きません。

可愛いもの。

あ、マスコット犬といえば、ユウヒさん。

てかさー、
子供をデカイ犬と一緒に育てる、って、
そういえば夢だよなーと思った。

そんなことを考えてたもの。昔。

ああ、もちろんその時の子供は、自分のことなんだけども、
この歳になってくると、その夢想をするのはかなりエネルギーがいるわけで、
そうなってくると、自分の子供かなぁという。

そういうわけで、
育児に頑張るユウヒさんでした。

最後に同じく、『働く犬』、犬村さん。

てかまぁ、なにひとつこなせてないわけだが!(苦笑)

いやでも可愛いわ。
良くうちの犬も、家ん中で悪さしてましたわ。
洗濯物振り回したりとか。

でも別にいつもやるわけじゃないんだよなー
かまって欲しいときだけで。
まぁそりゃそうだよな。
精神活動があるんだもんな。

というわけで、衝動的、犬好きのためのエントリでした。

犬飼てー