WBCは、我々日本人にとっては、優勝という最高の形で幕を閉じた。
仕事の関係で、殆ど生で見られなかったのだけど、
それでもやっぱり興奮したし、ニュース番組でのダイジェストだけ見ても、
どれだけ盛り上がったかを実感できて、なんか嬉しかった。
アメリカが予選で敗退した、その決勝トーナメントに、
4万人以上の観客が訪れるなんて、
よほどアメリカ人は野球が好きなんだな、と。

もちろんWBCとしての課題はもの凄くたくさんあるけれども、
僕は今回は、コレはコレで成功だったと思う。
成功だった、が曖昧なら、『意義がある大会だった』でもいいや。
その上で、母国が優勝したんだから、
これ以上嬉しいことはないなぁ。


この大会を通じて、一番、僕の印象に残った言葉は。
イチローや、王監督の言葉…
…ではなくて。

優勝が決まった後、インタビューを受けた小学生が言っていた言葉、

『日本が誇らしいです』

この言葉、これは僕にとって相当に衝撃的だった。
日本国民がここまで誇らしく思うことって…
例え、オリンピックで金メダルを取ったとしても、無いような気がする。
柔道なら『日本生まれのスポーツだから』
スケートなら『それでも所詮はヨーロッパのスポーツ』
そもそも、その個人が凄い、
そんな、エクスキューズが付く。

掛け値無しに、世界に通じるスポーツで、
胸を張れるって、案外他にはないような気がする。


僕はその小学生の笑顔をテレビで見て、
なんかもう、すべて、

『良かったなぁ、』

と思ってしまったのだ。


今年は野球が楽しめそうだなぁ。