まだ有罪か無罪かも出ていない段階でまとめてしまうのは乱暴なのだけど、
報道全般が、おしなべて、上っ面なヒューマニズムに走るのを見るに付け、
これ以上書く必要もないよな、と思うので、最後に自分的まとめ。


まず、これまでのライブドアと堀江貴文氏について。

最新号プレイボーイに、堀江貴文のしていることは空っぽである、という記事が載っていた。
自社でサービスを開発することはなく、ポータルもお粗末で、
必要なものは買収して付け加えたり、海外のソフトウェアの代理販売をしたり、
そうしたことで何とか建前を作っている、というような記事だ。

んー、でもそんなことはわかってたことであってね。
無料で手に入るOperaをわざわざライセンスする意味がわからんし、
AdAwareの日本語版をリリースしたのもライブドアだし
(おかげで無料版の日本語化が出来なくなっちまったよ)
SNSのデザインは、mixiそっくりだし、
画像ストレージサービスは、Flickrのパクリだし。

いやしかし、でも空っぽではなかったと思うわけですよ、
決して充実してるとは言い難くて、イメージ先行の手法ではあったけれども、
現時点で中身がないと判断を下すレベルではなかったと。
どんな会社でもそうだけど、それはGoogleもそう、
買収直後は馴染んでないけれども、そのうち馴染んでくるんだって。
技術がないとかいったら、ライブドアのマの人に失礼だしなぁ。

殆ど自転車操業的に、
新しいサービスを無秩序に付け加えていったことは事実だと思うけれども、
中身がなかったわけではない、と思う。
少なくとも、将来に関する面白さ、可能性、と言ったものはあったはず。
ネタという意味でも貴重だったしね(笑)


IT企業だから、という批判について。

これは以前も言ったけれども、どうもその辺りに偏見があるような。
実体のないものを動かして濡れ手に粟、そんな印象があるみたい。
ある意味でねぇ…
『発電所を動かしてれば電気出てくるんだから電力会社は大儲け』
的な論理だと思うのね。
発電所を建てる土地、建物、原料、管理、その他いろいろやることはあるわけで。
それに、粉飾決算をした企業、例えば鐘紡なんかが良い例だけどさ、
その時、『化粧品業界は…』という叩かれ方はしなかったはず。
あったりまえだよね。
山一証券の時に、『証券業界はみんな…』とは言わなかったはず。
あったりまえだよ。

40歳以下という、社会的に見れば若いヤツが、
会社を仕切ってるから、と言うような曖昧な理由で叩かれてるような気がするなぁ。
今度の社長は、60歳で信用できる、とかそんな感じ。

たかじんが言ってたけど、
『地検はいずれどっかのIT企業を上げてやろうと狙ってて、
その中で一番むかつくヤツを対象にした』
まぁそれはそれで理解できる(笑)
でも、業界どうこうではないよね。
地検もそんなに暇じゃない。
新しい業界だから、無茶してるところも多いと思うけどね。
ソフトバンクも、楽天も、GMOも、つつけば何かは出てくるでしょ。


報道に関して。

しかしまぁさ、僕の職業的なことではなくてさ、
何かにステレオタイプを押しつけて、それで判断する、というやり方が、
僕はもの凄く嫌いで。
報道って、どうしても、わかりやすくわかりやすく、伝えるよね。
わかりにくいところ、意見の分かれそうなところは極力省いてさ。

最近は、スーパーで売られてる焼き魚、骨もないらしいじゃない。
それじゃ魚じゃないよ、フレークと同じだよ、
でも、受け入れやすければなんだって良いわけでさ、
アメリカを批判するヒトが多い割には、日本人だって二元論に終始してるし、
役割の決まった演劇の、パンフレットのプロフィールを読むように、
自らの希望する筋書きに流れていくように、
希望しながら現実を眺めているよね。

結局、ニュースを見てわかることは、
『堀江貴文氏は悪人である』ということだけで、
何が悪いのか、なぜそうしたのか、どうすれば防げたのか、
そう言うことはちっともわからない。
武部氏が支援したとか、親密だったとか、どうでも良いよ。
犯罪そのものには関係がない。
それとも、武部氏が犯罪に関与したんだろうか。


結局のところ。

悪いのは、堀江氏を中心としたライブドア経営陣、なわけだ。
中身が無かろうと、経営がお粗末で赤字になろうと、生意気だろうと、
そんなことは犯罪性とは言えない。
懸命に運営してきて、その結果が上手くなかっただけだ。
運営失敗なら、ビル・ゲイツだってやっている。
だから、そこを批判するのは筋違いだ。
遊ぶ金ほしさに恐喝した男を、働かないことで批判するだろうか。
働かないことは(世間の常識的に見て)正しくはないが、犯罪ではないだろう。

逮捕にかこつけて、個人を批判し続ける報道は信用できないと思う。
起こった事実と、そこにある犯罪性を突くことが、
ジャーナリズムであるはずであって、
ニュース番組がすべからくワードショー化している現実を見るに付け、
そのレベルの低さに唖然とするのだ。

社内のやりとりがすべてメールで、隣の人と会話もない、
そんな会社だからどうだって言うんだ。
それとこれと、何の関係があるのか。

見ていて、『へーライブドアってそういう会社なんだ』とは思うけど、
結論を、堀江貴文ワンマン体制ゆえの暴走に繋げたいのが見えてくると、
あー、と思ってしまう。
今時、メールメインだって少なくないんじゃないの。
そうじゃない企業が数あるのは、単に、上役がメール使えないからでしょう。


ああ、まとめないと。


もうね、うんざりでござる。

それと、堀江君は、3年くらい出てこなくて良いからね。
出てきたら、また頑張りなさい。
0から始めたって、ライブドアくらい行けるでしょ。
(実際は、脱税さえしてなければ、執行猶予の見通し)