もうずっと長いこと、チャレンジしようと思いつつも二の足を踏んでいたPC自作。
自作、つまり、パーツを自分で揃えて組み上げようということなんだけど、
メーカー品に比べて、部品の交換によるアップグレードがしやすいことと、
PCの中身を把握しやすいので、万が一何かが起きたときでも対処しやすいという利点がある。

…ていうか。
正直に言うと、『やってみたかった』っていうのが、95%くらいの動機(笑)
もともと、利で動くことは少ないからなぁ。
昔は自作PCといえば、『安価』が売りだったけど、
今なら、例えばDELLで買えば、良質のPCが安く買える。
自作すると結局は手間の分だけ割高とも言えるし。

そういうわけで、自作PCが出来るまでを何回かに分けてお届け。


事前情報として、スペックなどを上げておく。
お世話になったのは、ドスパラの通販。(*1)

ドスパラ - パソコン・PCパーツ通販ショップ

CPU : AMD Athlon64 3200+(939/Venice) M/B : ASUS A8N-SLI Premium MEMORY: Corsair DDR SDRAM PC3200 1GB×2 HDD : Seagate ST3250823AS(250GB) G/B : ELSA GD743-128ERGT(GeForce 6600GT/128MB) 電源 : Scythe KMRK-400A2(鎌力弐/400W) ケース : リンクスインターナショナル NS-300TN(*2)


さて、次回から組み上げるわけだが…
初自作で、しかも独力で、無事にパーツを破損させることなく、
PCを組み上げられるのか。
ワタシの運やいかに。

(続く)

*1 ドスパラの通販 全国展開しているという安心感もあるけれども、それよりむしろ、サイトの見やすさ優先で。 パーツを買う時には、値段およびスペックの比較が必須なので。 通販の品揃え的には、もうちょっと充実してても良いかなと思ったけど、 (在庫切れ商品も載っている割には、種類がそれほど多くない) 買えたものは満足。 時間さえあれば、店舗に行って、選ぶ方が良いとは思うんだけどね…

*2 リンクスインターナショナル NS-300
次回を先取りして書いてしまうと、
これを購入したときは単純にデザイン優先で購入したため、
ケースサイズを考慮に入れていなかった。
後々、コレが苦労の元となるわけだが…
一般的に、小さな筐体は中上級者向け、と言われている。