まだまだ未熟なためなんだろうと思うけれども、
理解できない商慣習、営業の仕方ってのがあって、とまどうことが多い。
特に、eコマース系の会社の営業。

今回の槍玉は、SEO(検索エンジン最適化)を中心に営業を展開する、
某コンサルタント企業、A社。
全国的知名度はそれほどではないが、
地元ではある程度の評価を得ている(営業語る)らしい。

WEBサイトを拠点にして商売をしている限り、
SEOに興味がないわけはないし、そもそもSEOを知らないなんてモグリだと言えるだろう。
誰だって、検索エンジンの上位に来れば有利なのは知ってるし、
出来るだけそうありたい。
ただ、企業の場合、希望だけでサービスを受けるわけにはいかない、
重要なのは、何よりも費用対効果なのだ。

電話で売り込みを掛けてきた、A社の営業は、
『以前、ご連絡を頂いたA社の○○と申しますが』
そう言って、僕のところに電話を回させた。
失念しているだけかもしれないが、記憶にない。
まぁそれだけで結構不快な感じ全開なのだけれども、
電話口に出た瞬間から、
いかにもこれまで繰り返してきました、というような流暢な言葉で、
御社に伺って打ち合わせをしたい、と切り出す。

そんなこと言ったって、年末で誰だって忙しい。
僕がわかりましたと言えば、それは社長始め多くの人間のスケジュールを切ることになるし、
それ以前に、どういう話なのか話そのものが見えてこない。
そんな提案に切るスケジュールはないし、
まぁいいから、詳細送れ、検討してやる、メールでも結構ですよ、
と言うと、『FAXなら…』、とおっしゃる。

オンラインの商売をしてるのに、
手法は旧態依然ってのはどういうことなのだろうか。
PDFで作れば良いだけじゃないか。
それとも、これが商慣習ってヤツなのだろうか。
WEBの売り込みがメールも出来ないとはどういう訳だ?
自社のシステムもきちんとしていないところに、
コンサルティングなんか任せられるのだろうか。

最初っから興味の無かった電話だったが、
その時点で地に堕ちた。
こちらが危惧していること、つまりサービスの内容や、
費用対効果をこちらが見積もれるような資料を送れ、と言って電話を切る。

そりゃね、申込書や、契約書、確認書類などは、FAXや郵送でないとダメだと思うよ。
いくらオンラインで何でも出来るようになったと言っても、そこはしっかりしておかないと。
が、こっちはどんなのか知りたいと言ってるだけで、
そしてメールをもらうってことは、
こっちからアプローチする窓口も教えて欲しいっていう意味だ。
普段、少なくとも、電話と同等かそれ以上にメールでやりとりしているだろう、
なんてのはこの業界にいれば容易に想像が付くし、
それに対応できない=業界のことを知らない、
と思われたって仕方がない。

『以前にお話を』
と言って電話を回させた先方だったが、
最後にこちらの名前を聞いた。
嘘を言って電話を回させたのか、
それとも顧客管理すら出来ないダメな会社なのか。
どちらにせよ、その時点で営業は失敗だ。


翌日、FAXが届く。
が、予想通り、その内容は惨憺たるものだった。
全部で5枚のFAXで、1枚目は送信票、2-4枚目はSEOがなんたるかの説明、
5枚目は何とか賞を受賞したというコピー。
特に笑えるのは、4枚目辺り。
『当社はSEO技術によりお客様のサイトの検索結果を上位に…』

いや、言ってることはわかる。
でもSEOだって一通りじゃないんだし、
メニューによって値段は変わるはず何である。
売り上げにしたがって、顧客の割ける費用は変わるが、
割ける費用に従って、掛かる費用が変わるわけではない。
だから、目安だけでも書かなければ、検討する余地はない。
『月額5万円?』なんて言う曖昧な表現だけでも良いはずだ。

ところが、『コスト削減』を謳う割に、お金の話は一切出てこない。
それどころか、『技術用語』で丸めこもうという意志の固まりのようなFAX。
要求以下の解答、と言わざるを得ない。
こんなのと契約でもしたら、後付でいくら請求されるかわかったもんじゃない。
実際はそうではないかもしれないが、こちらはそう取る。

一般企業の、『WEB担当者』というのは舐められているのだろうか?
うちのような小さな会社はともかく、一般レベル以上だと、
技術者ではなくて営業が営業を受けるのだろうか?
だからこういう資料でも通るんだろうか…


なにひとつ、認めるべき部分がなかったので、10日ほど放置しておいた。
こっちは困らないし。
これなら、大手IT企業、関連会社の営業の方が100倍わかりやすかった。
(3倍くらい強引だったが)


で、10日後、、同じ人間から電話が入る。
じゃあ、いつ打ち合わせに行けますか、というような電話。脱力。
忙しいし、今ある情報じゃ、あんたんとこと話すら出来ないよ、
ということをやんわり言うがどうも通じないらしい。
困ったねぇ。
会えば何とかなるとでも思ってるんだろうか。
女はデート行って口説けば落ちるとでも言いたげな言葉だ。

もともと、社長含めこちらは興味がないわけだし、
積極的に考える資料をそちらがなにひとつ出さない以上、
こちらが打ち合わせをする意味はありませんし、
申し訳ないけれども、今回はお引き取り下さい、と言って電話を切らせる。


僕個人の不快感を無視して言うと、
営業ってのは大変だよなぁ…とおもう。
全くわからないところへ突っ込んでいくわけだから、
ある程度知ったかぶりはデフォルトであろう。
でも、手当たり次第のナンパがあんまり上手くいかないように、
成功させるにはコツがあるはずで、
相手の望む物を見極めて、そこをつかまないとダメだと思うんだけど…
つかまれれば、こっちだって嫌とは言わないだろうし。
そもそも、望むことを告げてるのに、それに沿わないってことは、
最初っからやる気がないんだろうか…

なんか時間を無駄にしたなぁ、と思うと、
本当に疲れるんである。
(2回目ははっきり言ってあっさり切ったからまだ良いけど)