忘れること

忘れることは、人生で何番目かに大事なことだ。
ここで言う忘れる事というのは、
いずれ思い出すだろう、でも今は忘れる、そんなこと。


ものごとというのは、
例えすっかり忘れてしまったとしても、一度肌の内側に入ってしまえば、
そう簡単には失われない。
内容そのものはすっかり、跡形もなくなっているようでも…
その、輪郭だけはきちんと残っている。


忘れるということは、在る意味で、記憶をアーカイブすると言うことだ。
アーカイブする先は、メモ帳であったり、深層心理であったり、"MUTTER"であったりするが、
とにかく、忘れると言うことは、失うということと同義ではない。


もし、忘れると言うことを、完全に放棄してしまうと、
確実に、他の何かを取り入れられなくなってしまう。
忘れてはいけないことは、けして離してはいけない、
でも、それ以外の多くのことは…常に持ち続ける必要はない。
忘れることを上手く出来ない人は、
結局は、全てを、『忘れていって』しまう。

何かを、得ることができない、そんな人は、
ものごとを、きちんと自分の中に収めることができないか、
あまりに多くのことを抱えてしまっているか、
そのどちらかだ。

決して、記憶力が悪いだけではないのだと思う。
情報の、取捨選択と、整理の仕方が、拙いのだ。


シャーロック・ホームズの指摘を待つまでもなく、
人間が記憶できる容量には、限界がある。
多くのことを記憶するためには、輪郭だけを残して、中身を外に持ち出したり、
またその輪郭を、整理していかなければいけない。
恐らく、人間の記憶容量は、人によってそう変わるものではない、
もし人より少なくても、容量不足に悩むほどの差はない、
きっと、目の前をどう扱うか、が、もっと、重要なことなのだ。


人間の『忘れる』は、
デジタルカメラのメモリー消去とは違う。

それは、なるべくシンプルな形で、どこかにしまうことであって、
いわば、記憶することと、同義のことなのだろう。