Japan.internet.com Webマーケティング - Google、音楽検索サービスを開始
検索大手の Google (NASDAQ:GOOG) は15日、音楽検索サービスを開始した。

この新サービスは、書籍検索サービス『Google Book Search』(旧『Google Print』) のモデルを踏襲している。検索ボックスにアーチスト名や曲名を入力すると、音楽に関係ない結果は出ず、音楽関連の検索結果だけが表われるのが特徴だ。

これはなんていうか…、もしかすると大きなものになるかもしれない。


Googleの検索オプションのような形であれば、
かなりのユーザが利用することになるんじゃ無かろうか。

実際、オプションの一つ、イメージ検索など、
素材の手がかりを探してるときなど、便利なことこの上ない。
同じ機能は、Yahoo!Japanにも搭載されているし、
場合によっては、他社が、この音楽検索サービスに追随する可能性もある。


ユニークなのは…
あらゆるデータから検索をした結果、
『店舗を選んで音楽を購入することが出来る』
という点。
これは、各音楽販売業者にとっては、
クリティカルなものになりうる。
(もちろん、Googleの広告収入的にも)
費用的にマイナスにならない限り、販路は幅広く確保しておきたい、
というのが一般的なスタンスであるし。


記事最後には以下のような文章があり、非常に気になる。

同社の商品マネージャ Dave Alpert 氏が Blog に投稿した記事によれば、音楽検索サービスが扱っている情報は、主に米国のポップアーティストだが、将来的にはクラシック音楽、米国以外のアーティスト、そしてあまり知られていない音楽家の情報にも広げる予定だという。

この Blog の中で Alpert 氏は、音楽検索サイトに掲載を希望する音楽販売業者に対して、連絡してほしいと書いている。

レコードというフォーマットではかなり苦しいとは思うが、
もし、費用対効果的に、極端な割高になってしまわないのであれば、
参加を検討してみてもいいかもしれない。


Japan.internet.com Webマーケティング - Google、音楽検索サービスを開始

Official Google Blog: Searching for music